NRIセキュアは28日、同社の特権ID管理ソリューション「SecureCube / Access Check」に操作の動画録画などの機能を加えた新バージョンの販売を開始した。

NRIセキュア公式サイト

NRIセキュアが提供する「SecureCube / Access Check」は、ゲートウェイによって分離された環境でID/PASS、アクセス制御やログ管理など特権IDを一元管理でき、クラウド/オンプレミスの統一した運用も可能なソリューション。新バージョンでは「全プロトコル対応動画取得機能」を追加、管理対象システムに接続する操作の動画録画を可能にしている。ほか、アカウント情報(ユーザーID、最終ログイン日時、最終パスワード変更日時)の一覧取得が可能な「ID情報収集ツール」、AWS Identity and Access Managementを含む「特権パスワードの管理機能」などの新機能を追加している。

操作録画を可能にした「全プロトコル対応動画取得機能」。従来はリモートデスクトップ接続によるWindows環境のみが対象だった

Unix系のrootやWindows系のAdministratorなどに代表されるシステム上非常に強い権限が付されたIDは、ほぼすべての操作が可能なため脆弱な管理体制は大きなリスクを伴う。また、情報漏洩などのインシデントの多くが内部による故意/過失により発生しており、不正な情報取得などコンプライアンス上の危惧もあるため、システム化された管理で防ぐことが望まれる。