米ガートナーは7月28日、世界の5Gネットワーク・インフラストラクチャの支出が、2020年には2019年のほぼ倍となる81億ドルに達する見通しを発表した。

同社は、2020年の世界の無線インフラストラクチャ支出総額は4.4%減の381億ドルに達すると予測。5Gネットワーク・インフラストラクチャへの支出は、2019年には通信サービス・プロバイダー (CSP) による無線インフラストラクチャ支出全体の10.4%を占めていたが、2020年には21.3%に達する見通しだという。

同社は、5Gの導入ペースを加速させている要因の1つにCSP間の競争の激化を挙げている。新しいO-RAN (Open Radio Access Network) とvRAN (仮想化無線アクセス・ネットワーク:RAN) のエコシステムは、現在のベンダー・ロックインを打破し、将来的にはコスト効率が高く俊敏な5G製品を提供することで、5Gの採用をさらに促進する可能性があるという。

同社は、中国 (中国、台湾、香港)、日本を含むアジア太平洋地域の成熟国、北米のCSPによる5Gの人口カバー率が、2023年までに95%に達すると予測している。

世界の無線インフラストラクチャ支出予測:2019〜2020年 (単位:百万ドル) 資料:米ガートナー