先週のTBS「音楽の日」に続き、夏の大型音楽の特番。といっても、あちらが9時間半だったので、3時間半がコンパクトに感じる。が、常識的に考えて、このくらいの長さがちょうどいい。

番組のテーマは"みんなでつながる"。考えるのはどこも同じようで、こちらも「打ち上げ花火1000発」とTUBEがコラボする花火企画や、ディズニーメドレーがあった。もっとも、こちらはディズニー通で知られる風間俊介が、過去の「Mステ」のディズニー特集の解説を行い、テレ朝の番組「ザワつく!金曜日」に出演中の高嶋ちさ子がヴァイオリン仲間を引き連れて、ディズニーナンバーを演奏。その締めくくりは、「題名のない音楽会」のMCを務める石丸幹二と木下晴香が「アラジン」の主題歌「ア・ホール・ニュー・ワールド」を披露するもの。石丸の歌唱力はさすがで、圧巻のパフォーマンスだった。

ほかにも、生投票で視聴者が選んだカバーして欲しい女性アーティストの夏歌をToshiが披露する「夏のToshi3択」企画や、小室哲哉が作曲、編曲を手掛け、齋藤飛鳥がセンターを務める新曲「Route 246」のテレビ初パフォーマンスなどもあった。小室哲哉って引退したはずじゃなかったっけ? と思ったが、そのことには触れずじまい。あの引退会見はなんだったのか、誰か教えて欲しい。

そして、番組の最後に、本来ならば出演するはずだった三浦春馬の新曲ミュージックビデオを放送。その才能が惜しまれてならない。(放送2020年7月24日18時30分〜)

(白蘭)