「CAC RPAワンストップサービス」(公式Webサイト)

金融機関や製造業向けに情報システム構築からクラウドサービスまで広くITサービスの提供を行うシーエーシーは28日、「CAC RPAワンストップサービス リモート版」の提供を開始した。

同社の「CAC RPAワンストップサービス」は、RPA導入や開発・保守、研修トレーニングなど組織でRPAを活用する各段階でのサポートを提供しているが今回、現場オンサイトで提供してきたサービスにリモート版を追加。新型コロナウイルス感染症の影響で広がるテレワーク環境でも使えるPRA支援サービスとして、オンライン会議やリモート接続を通じて提供する。

具体的には、RPA導入を支援する「RPAトライアルパック」、RPA開発と保守を行う「RPA開発/サポートサービス」、RPA導入のためのユーザートレーニングプログラム「RPA One-dayトレーニング」、RPAツール「UiPath」と「WinActor」ライセンス販売の4つ。自社開発企業が難易度の高いワークフロー部分に限定した開発の委託なども可能で、開発や保守の費用は1時間単位の時間制で15時間からとなる。

「CAC RPAワンストップサービス」リモート版とオンサイト版のサービスメニュー(同社資料より)