山形 強雨のピークは夕方まで その後も氾濫や土砂災害警戒

2020/07/28 14:33 ウェザーニュース

今日7月28日(火)は、梅雨前線や低気圧の影響で東北地方で強い雨が降っています。秋田県では朝のうちに大雨のピークを越えましたが、現在は山形県内で雨が強まっています。山形県周辺では夕方にかけて強い雨が降り、川が氾濫して浸水が発生したり、土砂災害の発生するおそれがあります。雨のピークを越えたあとも警戒を続けてください。

24時間に200mm超の雨 観測史上1位の値を更新した所も

昨日からの雨により、山形県鶴岡市のアメダス荒沢では24時間雨量214mmを観測する大雨となっています(14時30分現在)。また、山形県に近い新潟県粟島浦村のアメダス粟島では24時間雨量201.5mmを観測し、観測史上1位の値を更新しました。粟島では雨のピークを越えたものとみられますが、山形県内ではあと数時間は雨が続くため200mm前後の総雨量となるところがありそうです。これらの地域は西日本などの多雨地域と比べると、川の許容量や地盤の強化状況などが違うため、少ない雨量でも災害が発生する傾向があります。いつ災害が発生してもおかしくない状況と言えます。また、雨が弱まってから川が増水するおそれがあることや、これまでに降った雨で地盤が緩んでいるため、夕方以降も増水した川や急な斜面、冠水している道路などの危険な場所には近づかないでください。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)