Microsoftは米国時間2020年7月27日、Visual Studio Code Insider用拡張機能「Python extension」を更新し、Notebook APIのネイティブサポートを追加した。Visual Studio Code Insiderユーザーはマーケットプレースもしくは、拡張機能ギャラリーからダウンロードできる。公式ブログによれば、コードやMarkdown編集時に依存関係にある拡張機能が利用可能になった。同社は一例として、「たとえばVimのキーバインドや配色を適用できる」と説明する。また、Notebookの読み込み時間を改善し、以前の環境では約7秒を要した読み込み時間を1秒未満に短縮した。さらにファイル管理機能やショートカットキーの追加、セル操作などUI面の変更も加わっている。

利用時は「Open in Preview Notebook Editor」を使用する(画像は公式ブログより抜粋)

Visual Studio Code Insidersは新機能をいち早く試せるプレリリースバージョンのため、安定性を欠く可能性があるものの、安定版(通常のVisual Studio Code)と同居できるため、ダウンロードページからUser Installerなどを選択するとよい。なお、Python extensionは2019年10月からNotebook(当時はJupyter Notebook)をサポートしてきた。

阿久津良和(Cactus)