オリンピック出場がサッカー人生に与えた影響
第3回:2012年ロンドン五輪・永井謙佑(後編)

前編はこちら>>

 2012年ロンドン五輪の男子サッカー。日本はスペイン相手の初戦に勝利すると、グループリーグを2勝1分で首位通過。準々決勝のエジプト戦も快勝して、準決勝のメキシコ戦を迎えた。


永井謙佑が2012年ロンドン五輪を振り返り、そこで得た経験を語った

 エジプト戦で負傷し、出場が危ぶまれた永井謙佑はスタメンに入った。試合は、前半12分に大津祐樹のゴールで先制し、これまでの勝ち試合の展開に持ち込めた。永井は「1点取れたので。これでいける」と思っていた。

 だが前半31分、日本はこの大会を通じて、ついに初の失点を喫してしまう。セットプレーからへディングシュートを決められた。

「この失点は痛かったですね。初失点で、しかも絶対に届かないだろうなと思ったボールを、(ニアサイドの)僕の前でフリックされた。それで1−1になって……。自分のせいもあるけれど、それまでずっとゼロに抑えてきたし、相手も強かったので、少しまずいなという雰囲気になりました」

 内容的にはメキシコが優勢となり、前半は1−1で折り返した。まだ同点だったが、日本はメキシコの圧力を受け、初めて「敗戦の恐怖」を感じ始めていた。

 それでも日本が勝てば68年のメキシコ五輪以来、44年ぶりのメダル獲得となる。永井自身は、後半に入る時も「負ける気はしなかった」という。

 しかし後半20分、日本は自らのミスによって失点し、リードを許してしまう。

「この失点は、大きかったですね。前半にセットプレーでやられて、今度はミス絡み。そのショックがドーンと来て、みんな頭が下がってしまった。『あれっ?』という雰囲気になって、もう1回、みんなで行こうという雰囲気をつくれなかった」

 永井はここまで、ムードメーカーとしてピッチ内外でチームを盛り上げてきたが、この時はそういうムードづくりができなかった。自分のプレーで勢いをつけたかったが、エジプト戦で負傷したモモ裏の痛みがひどく、「瞬間的なスピードが出せなくなっていた」のだ。

 加えて、永井をはじめ選手の表情には連戦で疲労の色が濃く見られ、相手の堅い守備に手を焼き、攻め手を見つけることができなかった。

 結局、日本はメキシコに1−3で敗れ、五輪で初の決勝進出の夢が潰えてしまったのである。

「メキシコは個の質が非常に高かったし、戦い方が洗練されていた。(ホルヘ・)エンリケス、(カルロス・)サルシドは本当にうまくて、いろんな面で違いを見せつけられた試合でした。ただ、負けたショックは、それほど大きくなかったです。まだ1試合ありましたし、引いた相手にどうするのかという課題が出てきたので、みんなで考えていました」

 初失点、初黒星の衝撃。そして拭えきれない疲労。それでもメダル獲得のために気持ちを入れ替えて、韓国との3位決定戦に挑んだ。しかし、試合は韓国がロングボールを多用する割り切った攻撃で、日本を封じ込めた。日本は韓国の戦術に対応しきれず、0−2で敗れ、4位に終わったのである。

「最後、2つ負けて悔しさはあったけれど、個人的には出し切った感がありました。チームとしては、4位が自分たちの限界だったとも思います。メキシコ戦から日本の戦い方は研究されていたし、韓国はボールを奪われてカウンターをされないように、自分たちが寄せる前から蹴ってきました。失点もロングボールを蹴られて、その競り合いからやられたので……。本来、蹴らせない間合いまで詰めていかないといけなかったけれど、みんなかなり疲れていたので動けなかった」

 韓国戦は、2週間で6試合目だった。

 初戦のスペイン戦から100%で飛ばした日本は、3戦目のホンジュラス戦で主力を入れ替えたが、準々決勝で永井が負傷。選手は試合と移動で疲労が重なり、コンディションが低下していた。永井は、6試合を戦う計算ではなかったという。

「メキシコ戦はピーキングの差が出たと思います。自分たちはグループリーグを突破するために、初戦のスペイン戦にピークを持って行きました。でも優勝を狙うならメキシコのように、決勝トーナメントに入ってからピークが来るぐらいじゃないといけない。

 自分たちには、その余裕がありませんでした。スペイン戦後は、歯を食いしばって戦い、勝ち上がることが精一杯で、先をどうこう考えられなかった。中2日では、いくら若いと言っても疲労が残るし、あのプレッシングサッカーはできない。その意味でも限界でした」

 日本は惜しくもメダル獲得はならなかったが、チームは4位という好成績を残し、永井も個人として、世界の同世代のなかでは十分戦える手応えを得た。


ロンドン五輪の日本代表メンバー。永井はオーバーエイジ選手の重要性を語った photo by AFLO

「U−20ワールドカップに行けなかったので、五輪が初めての世界大会でしたけれど、スピードは通用したと思います。裏に抜ける時は相手を置いていけたし、サイドで縦に抜ける時も体1つ分ぐらいは抜けていた。フィジカルコンタクトも、自分と同じぐらいの選手には臆することなく戦えました。Jリーグでやってきたものが出せたし、それが世界でも通用したので自信になりました」

 一方、メキシコ戦、韓国戦では自らの課題も見えた。

「シュートの意識ですね。メキシコの選手はトラップしてからシュートするまでがすごく速い。日本はトラップしてから『ハイ打ちますよ』という感じだけれど、メキシコは正確にトラップしてすぐ『ドーン!』って感じでした。

 また、違うテンポでシュートを打つことも課題ですね。スペインのGKデ・ヘアは寄せ方がうまいし、隙がない。東慶悟選手のシュートが入ったと思ったら右手ではじかれましたが、こういうGKからゴールを決めるには普通に打ったら決まらない。あとはスタミナです。バテた時フラフラしてしまうので、走り込まないといけないと思いました」

 ロンドン五輪を戦うチームに大きな影響を与えたのは、吉田麻也と徳永悠平のオーバーエイジコンビだった。彼らが最終ラインに入ったことで守備が安定した。エジプト戦まで4試合無失点の堅守を実現し、チーム躍進の原動力になった。

 永井は、オーバーエイジの重要性を、彼らの働きによって身に染みて感じたという。

「オーバーエイジはすごく重要ですね。吉田麻也選手は僕と同じ学年ですが、徳永悠平選手はアテネ五輪でもプレーして、経験豊富で冷静で、しかもプレーでものすごく引っ張ってくれました。ふたりが入って守備が安定し、一緒にプレーする鈴木大輔選手らほかの選手に余裕が出たので、自分たちは思い切り攻撃に行けました。

厳選!美女サッカー選手はこちら>>

 五輪とかワールドカップは、先に失点してしまうと(勝つのは)厳しい。だから、まず守備をしっかりすることが重要で、日本のスタイルにもそれがいちばん合っている。ふたりがいなかったら、あそこ(4位)まで行けなかったと思います。

 東京五輪を戦う世代は、前にはいい選手が揃っているし、ディフェンスラインには冨安健洋選手とかがいる。ただ、僕は最終ラインには経験がある人がいたほうがいいと思います。もちろん人選が重要だけれど、自分たちが結果を出していることを考えても、後ろ(守備陣)でのオーバーエイジは必要だと思いますね」

 東京五輪のチームでオーバーエイジ枠を起用すると、どんな選手が理想的だと永井は考えているのだろうか。

「攻撃は大迫勇也選手でしょう。あと酒井宏樹選手、柴崎岳選手が入れば、チームを引っ張ってくれると思います。吉田麻也選手も3大会目になりますが、いいですね」

 また、攻撃陣のタレントが豊富だと言うが、永井が最も期待する選手はいったい誰なのだろうか。

「いちばんは久保建英選手に活躍してほしいですね。渡辺剛選手にもがんばってほしい。海外組の選手も多いので競争が激しいけれど、母国開催での五輪という舞台を経験してほしいなと思います」

 永井は、FC東京の元チームメイトと、現チームメイトの活躍に期待を寄せた。

 日本はアトランタ五輪以降、リオ五輪まで6大会連続で出場し、そのなかから日本サッカー界を背負う選手が生まれてきた。選手にとって大きな経験の場となっているが、永井にとって五輪はどういう大会だったのだろうか。

「五輪は、1つ勝つことで全然違う世界に行くと感じました。スペイン戦で勝って先が見えてきたし、欧州(移籍)への道も開けるという感覚があった。五輪のような世界の舞台を経験することで、またそういう環境でやりたい、さらにステップアップしたい、世界でやりたいなと思いました。五輪は、そんな刺激と成長を得られる大会でした」

 永井は、その刺激を受けて自分のプレーを昇華させ、12年シーズンは名古屋グランパスで30試合出場10得点と結果を出した。そして、翌13年1月にベルギー1部リーグのスタンダール・リエージュに移籍。海外移籍、日本代表へとステップアップを実現していったのである。
(おわり)

永井謙佑
ながい・けんすけ/1989年3月5日生まれ、広島県出身。FC東京所属のFW。ロンドン五輪時のU-23日本代表のFWとして活躍。日本代表国際Aマッチ12試合出場3得点。九州国際大付属高→福岡大→名古屋グランパス→スタンダール・リエージュ(ベルギー)→名古屋グランパス→FC東京