極めて評判が悪かった「アベノマスク」のマスク配布事業。全国で1世帯2枚、計1億3000万枚の配布は6月20日(2020年)に概ね完了した。しかし、アベノマスクが7月下旬からさらに8000万枚の配布が予定されていることが28日(2020年7月)の朝日新聞の報道で明らかとなり、いまさらのアベノマスクに疑問の声が相次いでいる。

配布先は介護施設や保育所・幼稚園など。これまで2回にわたって約6000万枚が配布済みで、今回が第3弾。事業費の総額は約247億円だ。

対象となっている介護施設などからは「使えない」の声が

しかし配布対象の現場からは「災害時の物資と同じで必要なものは常に変化している。政府は対応できていない」「政府の布マスクは小さく密着しないので看護で使えない。医療現場で洗って再使用は考えられない」と、届いても使わないという声が多い。

SNSでも「今はマスクをあちこちで売っているけどね」「これから配るならサージカルマスクにしようよ」「医療従事者がボーナス出ないで働いているのを知らないんですか?」と批判が。

一方、厚生労働省は「マスクは十分行き渡っているとは言い切れない。需要を抑制する効果が認められる」と説明する。

小倉智昭キャスター「子どもには使えるかもしれませんが、大人にはちょっとあのマスクはなあという声もあるようです」

キャスターのカズレーザー「もともとそういう契約で、国内企業にお金を落とす目的で残りを作っているということだと思うが、みんな使わないといっている」

三浦瑠麗(国際政治学者)「必要なものが次々と移り変わるが、日本政府はタイムリーに届けることが得意ではない。災害の備蓄にしておいたらいいのではないか。PR効果として政権が賢くなかった。厚生労働省に発表させればよかったことを、総理アジェンダで華々しくやったのでニュースになった。本来なら、忘れた頃にマスクが届いても話題にならなかった」

小倉智昭キャスター「閣議の映像見ていても、あのマスク使っているのは総理しかいないというのは、ちょっとなあと思う」

文・みっちゃん