Microsoftは2020年5月にWindows 10の最新フィーチャーアップデート版となる「Windows 10 version 2004」の配信を開始した(このバージョンは「Windows 10 20H1」や「Windows 10 May 2020 Update」とも呼ばれている)。配信対象は限定されており、Microsoftがアップデートの準備が整ったと考えるユーザーに対してのみ行われていた。手動でこの最新のフィーチャーアップデート版にアップデートする方法は用意されているが、基本的にはMicrosoftからの配信が開始されるのを待つことが推奨されている。

Microsoftは7月22日(米国時間)、「Windows 10, version 2004 and Windows Server, version 2004 - Windows Release Information|Microsoft Docs」において、このフィーチャーアップデート版の対象ユーザー(対象PC)を拡大したと伝えた。「Windows 10 version 1903」および「Windows 10 version 1909」を使っているユーザーで、設定アプリケーションから「更新プログラムのチェック」を手動で押したユーザーが対象になるとされている。

Windows 10, version 2004 and Windows Server, version 2004 - Windows Release Information | Microsoft Docs

「Windows 10 version 2004」には提供直後からいくつかの問題が存在することが知られている。Microsoftはこの問題を先程のページで報告しており、そのいくつかはすでに修正されている。今回配信対象が拡大された背景には、こうした問題修正が根拠の1つになっているものと見られる。

しかし、依然として解決されていない問題も残っている。「更新プログラムのチェック」を押してフィーチャーアップデート版へ更新する場合、先程のページに掲載されている問題に該当しないかどうかを確認してから実施することが望まれる。既知の問題はまだすべて解決していないため、アップデートした場合は同様の問題が発生する可能性があり注意が必要。