難病の筋萎縮性側索硬化症(ALS)の女性患者(当時51)を殺害したとして、京都府警は23日(2020年7月)、元厚生労働省医療技官で仙台市泉区の医師、大久保愉一(よしかず)(42)と東京都港区の医師、山本直樹(43)の両容疑者を逮捕した。2人は女性の依頼を受けて2019年11月30日に女性宅を訪問、薬物を投与したとみられている。事件直前には、山本容疑者の口座に130万円が振り込まれていた。

2人と患者が知り合ったきっかけはSNS。普段から周囲に「安楽死させてほしい」と語っていた女性は「屈辱的でみじめな日々が続く。ひとときも耐えられない」と書き込んでいた。

安楽死に真剣に取り組んでいる医師を踏みにじる行為

容疑者たちはどんな人物だったのか。フジテレビは2010年、大久保容疑者をドキュメンタリー番組で取材していた。大久保容疑者は当時「官僚をやっていたころはおごっていた。恥ずかしいと思う」と答えていた。診察を受けていた患者たちも「すごく優しい先生、いろいろ調べてくれる先生だった」と語る。

しかし、その一方でブログには「みるからにゾンビとなって生きているので痛々しい。医療行為を続けることもためらわられますが、仏心を出して手を下せば殺人犯」と過激な言葉も。

一方、山本容疑者には師免許不正取得の疑いも出ている。海外医学部を卒業して医師国家試験を受験したが、卒業は確認できていないという。

患者たちはこの事件をどうみたのか。10年間ALSと戦っている40歳男性は、「こういうことがいつか起こるだろうと思っていた。やっぱり起きたか。患者が強く望んでいることに答えるのは大事だと思うが、死ぬ方法より生きる方法を考えていくのが医師として大事なこと」と語る。「生き地獄、でも絶対勝ってやる」とも。

「患者の苦しさをどれだけ周りがわかってあげられるか」

ALS患者の妻を介護する男性は「患者にとって、人工呼吸器を装着する選択の時期が、延命するかどうかの選択の時期。今回はまだその時期ではなく、生きるための話し合いがないまま行為に及んだ医師に憤りを感じる」と語る。さらに「ALS患者は孤立しがち、理解してもらえる機会が少ないと孤独を深めてしまう。苦しさをどれだけ周りがわかってあげられるか。生かされているのではなく関係性をつくることが大事。新人ヘルパーを育てるというギブアンドテイクで、社会の一員だという認識を持つ」と安楽死に反対する。

小倉智昭キャスター「前向きな方にとっては今回の事件はショックだと思う。生きたくないという人もいるが、安楽死の問題は一緒にしてはいけない」

丸田佳奈(産婦人科医)「安楽死の問題に生涯向き合っているお医者さんもいる。そういう人たちを踏みにじった。死ぬ権利ではなく生きる権利にむかなければいけないのに『そうだよね、死にたいよね』となるのは非常にまずい」

立岩陽一郎(ジャーナリスト)「医学が進歩しているので、治らないとは限らない」

文・みっちゃん