「アナ雪」初期の試写は評判が…オラフ声優が証言

写真拡大

オラフの声優を担当しているジョシュ・ギャッドによると、「アナと雪の女王」の初期の試写は、あまり評判が良くなかったそうだ。同シリーズは前途多難なスタートだったことを明かしている。

ピープルTVの「カウチ・サーフィング」でジョシュはこう語っている。

「忘れないよ。公開の6〜7か月前のことだったけど、(作曲家の)ボビー・ロペスと一緒にいたんだ。で、『新作映画はどうなの?』って僕が言うと『上映したところだけど、最悪だったよ』と彼が答えたんだ」

また、ジョシュは2013年の同作の挿入歌「雪だるまつくろう」の説明を受けた際に、ロペスに同作が危機から回復できるかどうか尋ねると、「そう願っているよ。このアイディアでいく方向だ。作品の初めの方に2人のお互いへの愛情を目にするこの瞬間が必要なんだ」「だから、『雪だるまつくろう』というこの歌をやるんだよ」とロペスは答えたそうだ。

そんなジョシュは、妻アイダ・ダーヴィッシュの感想を聞いて、同作のヒットを確信したという。

「半年後に、妻と一緒に(アナ役の)クリステン・ベルや(エルサ役の)イディナ・メンゼル、関係者を交えて試写をしたんだ」
「とても批判的な人なんだけど、その妻の方を向くと、彼女も僕の方を見て『これは本当に特別だわ』って言ったんだよ。だから『これは成功する』って思ったよ」