(C)岩手県競馬組合

写真拡大 (全2枚)

 26日、盛岡競馬場で行われた11R・はハヤテスプリント(M2・3歳・ダ1200m)で1番人気、山本聡哉騎乗、エイシンハルニレ(牡3・岩手・畠山信一)が快勝した。3/4馬身差の2着にダルマワンサ(牡3・岩手・齋藤雄一)、3着に2番人気のマナホクレレ(牡3・北海道・桧森邦夫)が入った。勝ちタイムは1:12.0(稍重)。

 オパールカップに続く重賞制覇で3歳のマイル〜スプリント路線の頂点に立った。2着も岩手・ダルマワンサ号。唯一の遠征馬だった北海道・マナホクレレ号は3着。

(C)岩手県競馬組合

■勝利騎手コメント 山本聡哉騎手
「当初は前の方に付けていくつもりだったのですが思ったより出脚が付かなくて、それで作戦を変更して5番手くらいの位置になりました。途中のコーナーのあたりではあまり手応え良く感じさせない馬なのですが直線に向けば脚を使ってくれると思っていたので、この手応えなら前の馬は交わせるな、あとは後ろから何も来なければ良いなと。今回は1200mで勝ちましたがちょっと忙しい感じはある。1400からマイルくらいの距離が乗っていて乗りやすいと感じますね。この馬で重賞2勝・3着が1回。乗せていただいた関係者の皆さんに感謝です。」

■勝利調教師コメント 畠山信一調教師
「1200mはこの馬にはちょっと忙しい距離なのかなと思っていましたから、戦法については特に指示は出さず騎手に任せて。一言も注文を付けませんでしたね。終わってから見直してみると差す形の戦い方がバッチリハマっていましたね。今日の競馬を見た限りはこの距離もこなせますね。ここまで頑張って走って来ましたしこの後はいったん休養する事になると思います。更にその後はとなると現時点では未定です。オーナーの馬がウイナーカップでは2着・3着でしたので、ここで1着・2着の結果になって良かったです。」

エイシンハルニレ 21戦7勝
(牡3・岩手・畠山信一)
父:エイシンアポロン
母:エーシンベタラネリ
母父:Elusive Quality
馬主:吉田勝利
生産者:栄進牧場

【全着順】
1着 エイシンハルニレ
2着 ダルマワンサ
3着 マナホクレレ
4着 チャルメーラ
5着 バイクミレー
6着 ヒガシブレーヴ
7着 エコロウィング
8着 マイファンキー
9着 アンガイガンバルド
10着 リックポコー
11着 キシュウキセキ