豪雨で入所者14人が犠牲になった熊本の特養 ほぼ全員を解雇へ

ざっくり言うと

  • 熊本県を襲った豪雨による河川氾濫で、入所者14人が犠牲になった特養ホーム
  • 運営する社会福祉法人が7月末で職員約80人のほぼ全員を解雇すると分かった
  • 園は村で唯一の特養で存続を求める声もあるが、再開は事実上困難の見通しだ

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x