厳選!2歳馬情報局(2020年版)
第9回:アカイトリノムスメ

◆アイビスSDで狙える「穴馬」はこちら>>

 2010年に史上3頭目の牝馬三冠を達成したアパパネ。その名牝の子として、大きな期待が寄せられている2歳馬がまもなくデビューを迎える。

 美浦トレセンの国枝栄厩舎に所属するアカイトリノムスメ(牝2歳/父ディープインパクト)である。


牝馬三冠を遂げたアパパネの子として注目されているアカイトリノムスメ

 母アパパネは、2009年7月にデビュー。初戦は3着に敗れたものの、2戦目の未勝利を快勝すると、そこから類まれな才能が一気に開花した。以降、500万下(現1勝クラス)特別、GI阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神・芝1600m)と破竹の3連勝を飾って、2歳女王に輝いたのである。

 3歳になってからも、クラシックの主役として躍動。前哨戦のGIIIチューリップ賞(阪神・芝1600m)こそ2着に屈するも、迎えた本番のGI桜花賞(阪神・芝1600m)では1番人気に応えて、見事に一冠目を獲得した。

 続くGIオークス(東京・芝2400m)では、その血統背景から距離不安が囁かれていた。それゆえ、単勝2.8倍だった桜花賞の時よりも評価を落とし、1番人気ながら単勝オッズは3.8倍と高かった。だが、レースでは周囲の不安を一掃する軽快な走りを披露。サンテミリオンと壮絶なマッチレースを展開し、GI史上初となる1着同着という結果で二冠目を手にした。

 その後、秋初戦のGIIローズS(阪神・芝1800m)では4着に終わるも、肝心のGI秋華賞(京都・芝2000m)では、危なげない競馬で優勝。1986年のメジロラモーヌ(※)、2003年のスティルインラブに続く、牝馬三冠馬となった。
※秋華賞創設前のメジロラモーヌは、桜花賞、オークス、エリザベス女王杯による三冠。

 さらに翌春、GIヴィクトリアマイル(東京・芝1600m)では、1歳上の女傑ブエナビスタと名勝負を演じて、同馬の追撃をクビ差振り切って勝利。通算5つ目のGIタイトルを奪取した。

 そのアパパネと、牡馬三冠馬のディープインパクトとの間に生まれたのが、アカイトリノムスメ。同じ血統の全兄たちも重賞戦線で奮闘しており、同馬への注目が集まるのは当然と言える。

 そして、母アパパネも管理していた国枝厩舎に所属するアカイトリノムスメは、すでにデビューに向けて調整が進んでいる。その過程において、スタッフからは「好感触」の声が聞こえているそうだ。関東競馬専門紙のトラックマンがその様子を伝える。

「アカイトリノムスメは先日、戸崎圭太騎手を背に追い切りを行ないました。初めて終(しま)いに仕掛けたのですが、非常に楽な手応えで『反応もよかった』とのこと。戸崎騎手も同馬の素質の高さを感じたようです。血統的に期待が高いのはもちろんですが、実際の走りを確かめて、厩舎のスタッフたちもより楽しみが広がったみたいです」

 国枝厩舎がアパパネの子を預かるのは、一番仔のモクレレ(牡6歳)以来。久々に手がける厩舎ゆかりの血統馬ゆえ、アカイトリノムスメへの管理には必然力も入っているようだ。

「アカイトリノムスメについては、現役時代にアパパネを担当した厩務員の方が管理するなど、万全の態勢です。現在の馬体重は440kgほど。レースでは430kgぐらいになりそうで、兄たちよりは小ぶりですが、『牝馬ですから』とスタッフはさして気にしていません。気性も問題なく、とにかく順調に調整できているようで、陣営としては、初戦はすんなり突破したいところでしょう」

 デビュー戦は8月2日の2歳新馬(新潟・芝1600m)。戸崎騎手が鞍上を務める予定だ。1週早めてデビューすることも検討されていたが、トラックマンによれば「(厩舎として)焦る必要もない」と判断して、当初考えていたレースで初陣を迎えるようだ。 屈指の血統を誇るアカイトリノムスメ。偉大な母と同じような活躍ができるのか。多くのファンが注目するデビュー戦から目が離せない。