観光客が消えたインドネシアのバリ島 日本人店長は店閉める決断

ざっくり言うと

  • 外国人の入国が禁じられ、観光客がいなくなったインドネシア・バリ島
  • 観光業が経済の多くを占めることから、多くの人が仕事を失ったという
  • 現地でジュエリー店を営む日本人は、店舗の1つを6月末に閉めたと話す

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x