東京中央銀行の行員、半沢直樹(堺雅人)は子会社の東京セントラル証券に出向し、証券・営業企画部長として働いているが、親会社から不良案件を押し付けられたり、IT企業「電脳雑伎集団」による同業会社「スパイラル」の大型買収案件に介入されたりと、苦労が多い。部下の調査役・森山雅弘(賀来賢人)と「できることはすべてやる。たとえ相手が銀行だろうともな」と、宿敵の親会社の営業部長・伊佐山泰二(市川猿之助)への逆襲を誓う。

ホワイトナイトに見えたカリスマ社長が新たな罠

新たな買収プランを手に電脳雑伎集団を訪れた半沢たちだったが、副社長・平山美幸(南野陽子)からケンもホロロに追い返されてしまう。そこで、乗っ取られようとしているスパイラルの社長・瀬名洋介(尾上松也)に、アプローチを試みる。世界トップクラスの検索サイトを構築した瀬名は、森山の学生時代の親友だった。しかし、創業仲間に裏切られ人間不信に陥っている瀬名は、森山を銀行のスパイだと疑い、相手にしない。

そんなとき、スパイラルの財務アドバイザーを務める太洋証券営業部長・広重多加夫(山崎銀之丞)は、瀬名に新株発行で難局を乗り越えることを提案する。その新株の買取り先であるホワイトナイト役に名乗りを上げたのは、IT業界のカリスマでフォックス社長・郷田行成(戸次重幸)だった。

「このまま電脳に乗っ取られろというのか!?」と焦っていた瀬名は、広重の提案に前のめりになるが、半沢は大洋証券の動きに不審を抱く。調べると、そこには巨大銀行の新たな罠がしかけられていた。(よる9時放送)

寒山