新型コロナウイルスの影響により、やむを得ず休業措置をとった企業や店舗のうち、7月に入っても事態が収束せず、なかには営業継続をあきらめるところも出てきた。そんな中、「住宅ローン」に頭を悩まされている人もいる。住宅購入用の長期ローンは金利や支払額が一定というものも多い。低金利ローンに魅力を感じて夢のマイホームを手に入れたが、コロナ禍で様々な選択をした人たちに話を聞いた。(取材・文=素鞠清志郎/清談社)

【画像】6月までほとんど仕事がなかったという隅田さん(仮名)

◆ ◆ ◆

月収は30万円から10万円に

 中山貴文さん(仮名・40歳)は、運営会社の社員としてカラオケ店に勤務。勤続8年目となる今年の春にコロナ禍によって店舗は休業。当時は自宅待機を命じられ給料は半分以下となり、マイホームを手放すことも検討するような状況に追い込まれた。


写真はイメージ ©iStock.com

「家を購入したのは3年前です。首都圏に建つ中古の一軒家で、価格は2000万円。結婚して妻がいるので、ふたりで住める終の棲家が欲しかったんです。中古ですけど築年数は浅く、気になる部分は可能な限り自分でリフォームしながら大事に住んでいました。

 仕事はローカルチェーンのカラオケ店に勤めていました。正社員で月収は30万円前後。家のローンは月10万円くらいなので、妻のパート代とあわせてなんとか払っていける計算でした。それがコロナになって店は休業。会社からは自宅待機を命じられたのですが、その間の給料は10万円ほどに下がってしまいました」

「コロナが収まるまではどうしようもない」

 月10万円の手取りでは、ローンの支払いで日々の生活が回らなくなってしまう。

「会社には待遇の改善を申し入れたのですが、コロナが収まるまではどうしようもないという話でした。そこで、もし家のローンが払えなくなったらどうなるんだろうと調べ始めると、家を買った時には見過ごしていたローン契約の詳細がわかってきました。ローンの支払い先の銀行は、この状況でも待ってくれません。支払いが滞れば契約そのものが破棄となり、残債の数千万円を一気に払わなければならない。もちろんそんな持ち合わせはないですから、支払えない場合は家が競売にかけられる可能性もあるとか……。今は任意売却の専門会社に相談して、ローンの借入先と交渉しているところなんです」

家を手放すかどうかの瀬戸際に

 中山さんは、愛着のある家を手放すかどうかの瀬戸際にいるという。

「今後、カラオケ店の営業もどうなるかわかりません。思いきって退職しました。今は求職中ですが、同種のアミューズメント産業や飲食店などはコロナの影響もあって先行きが不透明と考え、以前とはまったく違う職種を希望しています。ローンの支払いは交渉中なので待ってもらっていますが、あと1〜2カ月のうちに転職できないと、支払いが滞り、家を手放すことになってしまいかねません。もし家を売ったとしてもローンは残るでしょう。自分自身どうなるかまだわからない状況です」

5月、6月の仕事がなくなったカメラマン

 35歳でカメラマンとして活躍する隅田公仁彦さん(仮名)は、今年1月に家を買ったばかりだった。

「僕は2年前に結婚して、昨年4月に子供が生まれました。仕事はスタジオ所属のカメラマンをやっていて順調だったんですけど、いろいろな事情が重なって2019年の3月に独立しました。

 その頃は妻と子供と、成増にある家賃11万円の賃貸マンションに住んでいたんですけど、ちょっと手狭になってきましたし、子供のために環境がいいところに腰を据えて生活を築きたいと思って、家の購入を検討しはじめました。

 資産価値的にマンションも考えましたけど、僕も妻も一軒家で生まれ育ったので、やっぱり落ち着ける一軒家がいいねってことで、予算4000万でいろいろ見てまわり、都心に出やすいベッドタウンにちょうどいい新築の建売物件をみつけました。初期費用なんかもいれると4200万。JAの審査に通って35年ローンが組めたので、月の支払い額は15万円ほど。僕の収入が平均して月30万くらいでしたし、妻も産休が終わったら働くのでこれなら大丈夫だろうと思いました。僕の仕事柄、収入は安定しないですけど、月15万だったら最悪コンビニバイトでもなんでもすれば稼げるかなという算段もありました。家は今年の1月に完成して、すぐに引っ越しました」

 念願のマイホームを手に入れ、さあこれからという時にコロナ禍がやってきた。

「新居での生活が始まってから数カ月でコロナの影響が出て、僕の仕事がまったくなくなりました。5月、6月はほとんど仕事をしていません。ただ、危機感はそれほどなかったんです。この仕事はギャラの振り込みが遅いんですよ。だいたい仕事をしてから2〜3カ月後、下手すると半年後とかだったりする。なので、現状ではローンを支払えています。ただ、数カ月後にはゼロになることは目に見えていますから、バイト探しも考えています」

 隅田さんは、仕事ゼロを経験しても、家を買ったことへの後悔はないという。

「後悔はしていません。売るつもりもないし、バイトしてでもローンを払って、家族3人で生活費をおさえてなんとか暮らせればいいんじゃないでしょうか」

3600万円の新築マンションを購入して後悔

 新築マンションを買った営業職の高田理子さん(仮名・36歳)は、今では購入を少し後悔していると話す。

「大学進学で上京して、就職してからもマンションで一人暮らしをしていたんですけど、毎月の家賃がバカらしく思えてきたんです。その頃住んでいたのは、都心駅チカのマンションで、家賃は8万5000円。毎年約100万、ただ消えていくお金を払うならローンを組んで買っちゃおうかな、と。それが29歳の頃の話です。物件は、都内の新築マンションで価格は3600万円。初期費用の頭金200万円は、自分の貯金から100万円、あとは実家から100万円出してもらいました。30年ローンで、毎月の支払いは約10万円。賃貸のときよりも少し高くなりましたが、マンションが自分のものになった手ごたえがあり、前向きに暮らせていたと思います」

 営業の部署内で業務が大きく変わり、引き継ぎの最中にコロナの影響が大きくなっていったという。

「営業もできないので成績が上がらず、固定給は出ますが、インセンティブを取れないのがかなり痛いですし、ボーナスも減額か、最悪ゼロでしょう。だんだんと住宅ローンが重くのしかかってきそうです。マンションを購入した頃に付き合っていた彼氏とも30歳をすぎて別れてしまい、やっぱり結婚したいという思いはあるのでしばらく前から婚活を始めていました。紹介所に高い入会料と、月々の会費を支払ってきましたが、コロナの影響もあってか今は新規の紹介がなかなか……。うちのマンションはファミリータイプなんですけど、まわりは家族ばかりだし、広い部屋に一人でこもっていると孤独を感じましたね」

 新型コロナの感染拡大によって、当面の予定やともすれば人生設計に狂いが生じた経験をした人は少なくないだろう。「住宅ローン」との向き合い方から、それぞれの人の悩みや葛藤が垣間見える取材だった。

(清談社)