延期された東京オリンピックの開会式まであと1年となったきのう23日(2020年7月)、開会式会場となる東京・国立競技場で世界のアスリートと医療従事者にエールを送るイベントが開かれた。白血病からの復活を目指す競泳の池江璃花子選手(20)が登場し、聖火を手に世界へ向かってメッセージを読み上げた。

池江は古代ギリシャの衣装を思わせる白の上下姿でグラウンドに立ち、「本当ならあすの今頃、TOKYO2020の開会式が華やかに行われているはずでした」と話し始めた。「(オリンピックという)大きな目標が目の前から突然消えてしまったことは、アスリートたちにとって言葉にできないほどの喪失感だったと思います。私も白血病という大きな病気をしたから、よくわかります。それはとてもきつい経験でした。

そんななかで救いになったのは、たくさんの医療従事者の方に支えていただいたことです。世界中のアスリートと、アスリートから勇気をもらっているすべての人のために、1年後のきょう、この場所で、希望の炎が輝いていてほしいと思います」

「とくダネ!」で五輪を8回伝えてきた小倉智昭「生で見る感動は違います」

司会の小倉智昭はこう話す。「池江選手のメッセージ、心打たれるものがありました。最近、世論調査をみると、オリンピックは中止になるんじゃないかという人が多くなっているようです。私は『とくダネ!』21年間の間に8回オリンピックを見させていただきましたが、あのオリンピックの素晴らしさは(生で)見た人でないと伝わらない。できれば日本人の多くの人にオリンピックを見てもらいたいという気持ちはいまだに持っています」