コロナ対策分科会の尾身茂氏 医療逼迫の予兆があれば第2波との見解示す

ざっくり言うと

  • 新型コロナ対策分科会の尾身茂会長が22日、コロナ禍に関する見解を示した
  • 単に感染者の数だけでなく、医療体制が逼迫する予兆があれば第2波だと指摘
  • 医療体制の逼迫防止に努めるとし、集団感染対策や3密回避の重要性を訴えた

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x