日商エレクトロニクスは7月22日、ERPソリューション「GRANDIT」に、RPAソリューション「BluePrism」とAI-OCRソリューション「ABBYY FlexiCapture」を組み合わせた「デジタルレイバー for GRANDIT」の提供を開始すると発表した。

同製品は、「データ入力」「データ確認」「データ出力」「定期実行」という4つのカテゴリーに関するRPAソリューションについて、導入・開発・運用・保守をまとめて提供する。

「データ入力」においては、受領した紙の帳票や電子データをもとにGRANDITに入力する業務やExcelをもとにGRANDITを入力する業務の自動化を実現する。

「データ確認」においては、受領した紙の帳票や電子データを元にGRANDITのデータを比較確認する業務の自動化が行える。「データ出力」においては、GRANDITのデータをもとにした帳票を出力する業務の自動化が可能であり、「定期実行」ではGRANDITの複数画面の処理を逐次実行する業務の自動化が可能。

「デジタルレイバー for GRANDIT」のデータ入力とデータ確認のプロセス

日商エレクトロニクス ERP事業部 ERP営業課 課長の西本信浩氏は、同社の強みについて、「GRANDIT事業は50名体制で取り組んでおり、保守チームも20名そろえており、ユーザーに寄り添った形できめ細かな対応が可能となっている。『デジタルレイバー for GRANDIT』は導入から運用・保守まで一貫してサポートできる」と語る。

日商エレクトロニクス ERP事業部 ERP営業課 課長 西本信浩氏

日商エレクトロニクスは2017年よりRPAを導入しているが、自社でも複数の業務で「デジタルレイバー for GRANDIT」を利用している。その結果、20%〜30%の業務改善効果を上げており、中でも、請求書業務の効果がてきめんだったという。本来、手入力が必要だったデータがOCRでそのまま読み込めたため、手入力の作業が半減したという。

西本氏は、「RPAを単体で導入するよりも、ERPとOCRを連携している『デジタルレイバー for GRANDIT』は高い業務改善の効果が見込まれる。お客さまの環境・状況・予算で変わってはくるが、業務の効率・品質・コストなど50%の改善を目指している」と述べた。

GRANDIT 取締役の石川 研一氏は、「お客さまの課題はERPだけでは解決しきれないと考えている。『デジタルレイバー for GRANDIT』によって、RPAとERPを連携したソリュ―ションを提供することで、これまでサポートしきれなかった周辺業務の課題解決まで実現していくことを期待している」と語っていた。

GRANDIT 取締役 石川研一氏

「デジタルレイバー for GRANDIT」の初期費用は500万円(RPA、AI-OCRライセンス費用含む。ハードウェア、ミドルウェア費用含まず)となっており、別途カスタマイズにも応じる。