売れない芸人を演じた亀梨和也

写真拡大

 KAT-TUNの亀梨和也が21日、寺田倉庫(品川区)で行われた映画『事故物件 恐い間取り』の完成記念イベントに来場し、売れない芸人を演じた本作について「お客さんがすごく冷たい目で見ていて、何をやっても響かないというのは、一番のホラー」と笑いながら振り返った。この日は共演者の奈緒、瀬戸康史、江口のりこ、木下ほうか、中田秀夫監督も姿を見せた。

 本作は、テレビ番組の企画で「事故物件住みます芸人」として人気となった松原タニシのノンフィクションの実写映画化作品。主演の亀梨が中田監督とタッグを組み、テレビ出演のために事故物件に住み始めた若手芸人がさまざまな怪奇現象に遭遇するさまが描かれる。イベントには松原もリモート中継で参加した。

 本格的なホラー作品への参加は初めてだったという亀梨は「撮影現場では充実した時間を過ごさせていただきました。何よりホラーという作品は、観てくださるみなさんのことを常に感じながら撮影をしていくんだな、と感じました。みなさんにエンタメの一つとして自信を持ってお届けできる作品になっていると思います」と誇らしげな顔を見せた。

 本作で亀梨が演じるのは、売れない芸人の山野ヤマメ。トップアイドルとはギャップのある役どころを演じるとあり、亀梨は「自分はラッキーだったんだな、と改めて感じました。お客さんがすごく冷たい目で見ていて、何をやっても響かないというのは、一番のホラーですよ」と語って会場を笑わせる。

 続けて、映画の冒頭では漫才のシーンについて「撮影に入る前に監督とディスカッションさせていただきながら、どうやったら頑張っているのに空回りしている感じが出せるのか、そういうことも考えながら演じました」と述懐。すると相方・中井役の瀬戸が「実はコントのシーンもめちゃくちゃ稽古したんですけど、それはカットされました」と言うと、中田監督は笑いながら「二人の完成度が上がりすぎて、面白くなりすぎちゃったんです」とカットの理由を明かした。

 また、奈緒は夜遅くまで続いた撮影時の忘れられないエピソードを披露。翌朝に別の仕事のために朝早くに出なければならない奈緒のために、亀梨から焼肉弁当の差し入れがあったそうで「何気なく『タン塩が一番好き』と言ったのを覚えてくださって、タン塩も一緒につけてくださって、あのお肉のご恩は忘れません」とコメント。木下が「これは交際していますね」と茶化して会場を笑わせると、亀梨が「それはおかしくなりますから」と笑顔でたしなめつつ、周囲からの感嘆の声に「ついつい出ちゃいました。勝手に出ちゃうのが恐怖ですね」と返して笑いを誘った。(取材・文:壬生智裕)

映画『事故物件 恐い間取り』は8月28日より全国公開