企業間電子取引などEDIパッケージソフトウェアの開発・販売やコンサルティングを行うデータ・アプリケーションは、AI-OCR技術を用いて紙文書のデジタル化からデータ変換、業務システムへと連携するソリューション「OCRtran(オーシーアールトラン)」を8月3日から販売する。

連携イメージ(同社資料より)

「OCRtran」は、EDIなど電子データ変換分野で実績のある同社が、エンタープライズ・データ連携基盤「ACMS Apex」ウイングアーク1stのAI-OCRクラウドサービス「SPA Cloud」とを連携させたソリューションで、EDIデータへの変換からシステム間でのデータの受け渡しの自動化まで定型業務の効率化を促進する。

ウイングアーク1stの「SPA Cloud」は、AI-OCRを用いた紙文書のデジタル化から自動振り分けも可能な文書管理から豊富な機能を持つBI連携と、日本企業には欠かせない帳票を活用したデジタルソリューションを展開する同社のクラウドサービス。EDIなど企業間取引における重要文書のやりとりを促進するエンタープライズ・データ連携基盤を提供するデータ・アプリケーションとの連携は、より多くの企業へのデジタル化や自動化の促進が期待される。