デニス・テンさん【写真:Getty Images】

写真拡大

突然の別れから19日で2年、最後のSNS投稿にファンのメッセージ相次ぐ

 フィギュアスケートのソチ五輪銅メダリストの故デニス・テンさん(カザフスタン)が19日、2度目の命日を迎えた。フィギュア界の関係者、ファンから故人を惜しむ声が上がっている。

 2018年7月19日、暴漢に襲われ、25歳の若さでこの世を去ったテンさん。この日、2度目の命日を迎えた。友人ら4人と撮影した写真を掲載した生前最後のインスタグラムの投稿には、コメントが新たに増えている。

「私たちの大好きなチャンピオンがいなくなって2年」「心の中で生き続ける」「大好き」「天国で安らかに」「いつまでも忘れない」「2年前のこの日を決して忘れない」「戻ってきて」などと声が届き、コメント数は計4万件を超えている。

 また、コーチを務めた恩師のタチアナ・タラソワ氏(ロシア)は「あなたが恋しいわ」などと自身のインスタグラムにメッセージを投稿。教え子の写真とともに思いを記していた。

 テンさんは20歳で出場したソチ五輪の男子シングルでカザフスタン史上初のフィギュアスケートの銅メダル獲得。優勝した羽生結弦(ANA)らと表彰台に上がり、国民的英雄として愛されていた。(THE ANSWER編集部)