1/6木星周回探査機「ジュノー」は2019年5月、木星から29,000マイル(約47,000km)のところでこの写真を撮影した。風がつくる木星の縞と、「真珠の連なり」とも呼ばれる一連の白い嵐が見てとれる。 PHOTOGRAPH BY GERALD EICHSTADT/SEAN DORAN/NASA/JPL-CALTECH/SWRI/MSSS2/6木星周回探査機「ジュノー」は2019年5月、木星から29,000マイル(約47,000km)のところでこの写真を撮影した。風がつくる木星の縞と、「真珠の連なり」とも呼ばれる一連の白い嵐が見てとれる。PHOTOGRAPH BY GERALD EICHSTADT/SEAN DORAN/NASA/JPL-CALTECH/SWRI/MSSS3/6木星は自転軸を中心に10時間ごとに1回転する。その自転が、この写真に見られるような渦だらけの惑星を生み出している。ちょっと目がまわりそうなこの写真がとらえた風がつくる縞は、時速300マイル(同約480km)のスピードで動いている。PHOTOGRAPH BY BJRN JNSSON/NASA/JPL-CALTECH/SWRI/MSSS4/6ジュノーは木星に接近する11回目のフライバイのときに、この写真を撮影した。色が強調されたこの写真では、木星が薔薇色の光に包まれている。PHOTOGRAPH BY MATT BREALEY/GUSTAVO B. C./NASA/JPL-CALTECH/SWRI/MSSS5/6「ジェットN3」と呼ばれるこのジェット気流では、複数の嵐が複雑に渦を巻いている。木星大気の嵐が大気中だけでなく、惑星の奥深く1,900マイル(約3,000km)の深さまで達していることは、ジュノーが木星に到着するまで知られていなかった。PHOTOGRAPH BY GERALD EICHSTDT/NASA/JPL-CALTECH/SWRI/MSSS6/6木星の大赤斑は見間違いようがない。色を強調したこの写真では、木星の象徴であるこの嵐の深みのあるオレンジがかった赤色が引き出されている。この赤っぽい色は、木星の大気中の硫化水素アンモニウムと、太陽の放射線との相互作用から生まれている可能性があると科学者たちは考えている。黄褐色の縞の一部と、白いサイクロンも見える(このサイクロンの大きさは、地球とそれほど変わらない)。こうしたさまざまな色は、雲のなかにある化学物質が太陽光を反射して生まれているようだ。PHOTOGRAPH BY GERALD EICHSTADT/SEAN DORAN/ NASA/JPL-CALTECH/SWRI/MSSS

木星には、太陽系のなかでもとりわけ奇妙な大気がある。木星のようなガス状巨星は、半固体の核のようなものがあると考えられているものの、ほとんどは水素、ヘリウム、アンモニアなどの気体でできている。

「探査機の視点から見下ろす「木星の嵐」:今週の宇宙ギャラリー」の写真・リンク付きの記事はこちら

木星は太陽系で最も自転スピードの速い惑星でもあり、それが多くの乱気流と、極めて複雑ないくつかの嵐のシステムを生み出している。ここ数年は米航空宇宙局(NASA)の木星探査機「ジュノー」が木星の軌道をまわり、その挙動に目を光らせている。

ちなみに、ジュノーという名前の由来はローマ神話にある。木星は英語でジュピターというが、ローマ神話の主神であるジュピター(ユピテル)は浮気者で、隠れ家に妻以外の女性を連れこむときには、いつも厚い雲の層を身にまとって浮気を隠していた。残念ながら、ジュピターの妻ジュノー(ユノー)は雲を見通す力をもっていたのだ。あいにくである。

NASAは木星をさらに幅広く調べるために、ハッブル宇宙望遠鏡と地上のジェミニ天文台という2つの望遠鏡とジュノーを連携させると、2020年5月8日に発表した。研究者たちは木星の大気の仕組みを理解したいと考えている。その最善の方法は、さまざまな波長フィルターを通して観測することだ。

幸いなことにハッブル宇宙望遠鏡とジェミニは、木星のかすみのなかを見通すために必要なフィルターを備えている。紫外線や赤外線、そのほかの波長をフィルタリングするレンズを配備すれば、木星で起きていることの全容をより詳しく把握できるはずだ。

今週の宇宙ギャラリーでは、名高いガス状巨星の軌道をまわり、ジュノーの視点から木星を見下ろしてみたい。宇宙服を用意したら、あとは出発するだけだ。

ほかの宇宙写真も楽しむなら、こちらから。