「子どものために何かしたかった」学校の「同調圧力」に苦悩する教員

by ライブドアニュース編集部

ざっくり言うと

  • コロナ禍の長期休校中、子どもたちのために何かしたいと考えた小学校教員
  • 学校サイトでメッセージを送ろうと提案したが、管理職に難色を示されたそう
  • 文科省などの通達からはみ出すことを管理職は恐れているようだったという

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x