時事通信社のカメラマンが感染 熊本県で豪雨災害を取材

ざっくり言うと

  • 15日まで熊本県で豪雨災害の取材にあたっていた時事通信社の男性カメラマン
  • 16日に発熱症状などが出たため検査を受け、新型コロナ感染が確認された
  • 県は、同僚男性とタクシー運転手の2人のみが濃厚接触者にあたるとしている

提供社の都合により、削除されました。
概要のみ掲載しております。

関連ニュース

ランキング

x