「BusAssist」(公式Webサイト)

JTBグループでWebサイト構築やアプリケーションの開発を行うJMCは、貸切バス会社向けシステム「BusAssist」の提供を15日より開始した。

従来、手作業で行っていた旅行会社と貸切バス会社の間に生じるやりとりや業務フローをシステム化することで効率化を狙う「BusAssist」は、貸切バス会社へのヒアリングを重ねて構築している。

バス運行ルート作成、見積自動作成、営業支援サービスなどの複数の機能が自動化や可視化された機能としてクラウドを通じて提供されるもので、大型バスでの運行日程作成のためのルート検索システム、総走行時間や車種指定の高速道路料金の表示や連続運転時の法規制にも対応させている。見積作成機能では、ルート作成時の情報をもとに料金を自動算出、深夜早朝料金や交代運転者配置料金や、見積回答後の旅行会社から申込可否に「メッセージ自動送信」機能などを提供するなど貸切バス会社側に立った細やかな機能も特徴だ。

「BusAssist」の機能概要(同社資料より)

発注者側と受注者側でのやりとりが複雑に、頻繁に行われるフローでは負担が重くなることが往々にしてあるが、見積から手配を進めるうえで必要となるタスクが適宜表示され、やるべき業務が可視化される。パートナーである旅行会社のグループ企業として貸切バス会社の負担軽減、業務効率向上に向き合い開発に取り組んだ旨を同社は述べている。

今後は、貸切バス業界のデジタルトランスフォーメーション(DX)を更に推進し、貸切バス会社と旅行会社とのシームレスな連携を可能とするプラットフォーム実現を目指す。