ヴイエムウェアは7月16日、VMware Cloud on AWSのアジリティ、事業継続性、コストメリットを高める新機能を発表した。

新たなAmazon Elastic Compute Cloud(Amazon EC2)i3enインスタンスは、、第2世代Intel Xeonスケーラブル プロセッサをベースとしており、高いパフォーマンス要件を満たし、大量のストレージを消費するワークロードに対応するよう設計されている。

同インスタンスは、現在提供されている製品のホスト当たりのストレージ1GB当たりのコストが約半分で、RAWストレージ キャパシティの4倍の容量を実現している。さらに、大量のデータに頻繁にランダムI/Oアクセスを行うアプリケーション向けに、低レイテンシーのNVMe(Non-Volatile Memory Express)対応SSDを搭載している。

ストレージを必要とするワークロード用i3enインスタンスとコンピューティング/メモリを必要とするワークロード用i3.metalインスタンスを組み合わせることで、さらに優れたコストメリットが得られるという。

また、2ホストクラスタが、プロダクションワークロード向けの新たな最小環境となるため、VMware Cloud on AWSの採用が容易になる。2ホストクラスタを使用した場合、3ホストクラスタよりも最大33%低い初期費用で、VMware Cloud on AWS環境の導入に着手できるという。

さらに、VMware Cloud on AWSでTanzu Kubernetes Gridを用いることで、ユーザーはニーズにあわせてKubernetesを設計し、スケールするのに必要なあらゆるコンポーネントをクラウドに配置して、SDDC(Software-Defined Data Center)をデプロイすることができる。

パートナー企業が、追加のアップフロントコストなしで5〜10倍の顧客をサポート可能にするマルチテナント型クラウド管理サービスも提供が始まり、同サービスに寄り、小規模な企業はホスト単位ではなくVM単位でVMware Cloud on AWSを購入可能になる。