米Zoom Video Communicationsは7月15日 (現地時間)、在宅ワーク向けのZoom対応デバイスを実現するプラットフォーム「Zoom for Home」を発表した。8月にZoom for Homeをサポートする初のデバイス「Zoom for Home-DTEN ME」が登場する。価格は599USドル。

Zoom for Homeは、家庭用のビデオ通話端末にはないリモートワーク向けの設計になっている。例えば、Zoom Meetingsを含み、ユーザーはZoomアカウントでログインするだけで、追加のライセンスを取得することなくオフィスのような体験を利用できる。アドホックまたはスケジュールされたミーティングを簡単に開始でき、通話、仮想ホワイトボードを通じた共同作業、コンテンツ共有などを行える。カレンダー、ステータス、ミーティング設定などを同期したパーソナライズが可能。「今日の感染拡大防止の在宅勤務、そしてハイブリッドな働き方が求められるニューノーマルのニーズを満たす」としている。

米DTENと共同開発したZoom for Home-DTEN MEは、27インチ (1080p)の液晶タッチスクリーンを搭載。160度の水平画角を実現するカメラアレイ、最大16フィートのピックアップレンジのマイクアレイを装備する。通信機能は、100Mbps Ethernet、Wi-fi (802.11 a/b/g/n/ac)。インターフェイスはHDMIとEthernet(RJ45)が1つずつ。サイズは616×391×104mmで、重量は6.5kg。VESAマウントをサポートする。

Zoom for Home-DTEN ME、「没入感のあるプロダクティブ・ワークスペースを実現する」としている。