United States Computer Emergency Readiness Team (US-CERT)は7月14日(米国時間)、「Adobe Releases Security Updates for Multiple Products|CISA」において、アドビの複数のプロダクトに脆弱性が存在し、同社がそれに対処するセキュリティアップデートをリリースしたと伝えた。

対象となるプロダクトは「Download Manager」「ColdFusion」「Genuine Service」「Media Encoder」「Creative Cloud Desktop Application」の5つで、それぞれ異なる脆弱性が報告されている。

Adobe Releases Security Updates for Multiple Products | CISA

該当する各プロダクトのセキュリティアップデートの情報は、それぞれ以下のページにまとめられている。

Security Updates Available for Adobe Download Manager | APSB20-49

Security updates available for Adobe ColdFusion | APSB20-43

Security Updates Available for Adobe Genuine Service | APSB20-42

Security Updates Available for Adobe Media Encoder | APSB20-36

Security update available for Adobe Creative Cloud Desktop Application | APSB20-33

脆弱性が存在するプロダクトとバージョン、脆弱性の内容は以下の通り。優先度はAdobeによる各セキュリティアップデートに対する3段階の評価で、1が最も優先度が高い。

上記のセキュリティ情報を確認した上で、必要に応じてアップデートを適用することが推奨される。