政府周辺の疑惑や重大事件が起きるたびに自殺者が出ている(EPA=時事)

写真拡大

 失踪していた朴元淳(パク・ウォンスン)ソウル市長が、7月10日未明、ソウル市内の山中で遺体となって発見され、韓国社会は騒然となっている。死因は明らかにされていないが自殺とみられ、失踪直前、元秘書の女性が市長によるセクハラを警察に告訴したことが理由ではないか、と推測されている。

 朴氏は人権派弁護士の出身で、2011年から3期連続でソウル市長を務めてきた。2017年の共に民主党の大統領候補予備選では現大統領の文在寅(ムン・ジェイン)氏に敗れたが、2022年の次期大統領選の有力候補と期待されていた人物だ。

 フェミニストを自称し、2000年12月に日本の女性団体バウネット・ジャパン(現バウラック)やアジアのNPOが共同開催した民衆法廷「女性国際戦犯法廷」では、韓国代表の検事として昭和天皇を慰安婦の強制連行や虐待の罪で起訴する役を担当している。韓国で「セクハラは違法」という認識を広めたとされ、こうした人物が自らのセクハラを告発され、その後、命を絶ったというのは皮肉であり、痛ましくもある。

 朝日新聞の元韓国特派員で、韓国事情に詳しいジャーナリストの前川惠司氏は、朴氏についてこう語る。

「彼をよく知る人に聞くと、『いかにもソウル大出身者らしい人』との評でした。エリートでプライドが高いが、無茶のできない人ということ。韓国ではこのところ、安熙正(アン・ヒジョン)前忠清南道知事や呉巨敦(オ・ゴドン)前釜山市長など、与党系首長のセクハラ事件が相次いでいて、彼らは自殺するどころか開き直っているが、朴氏にはそれができなかった。セクハラを撲滅する活動をしてきた人なのに、自身がセクハラで告発されたことに耐えられなかったのでしょう」

 韓国では、政府の要人や大事件のキーマンの自殺がたびたび報じられている。盧武鉉(ノ・ムヒョン)元大統領が退任後に収賄容疑がかけられ、2009年に自殺したのはよく知られているが、こうした事件は近年も多数起きている。

 2014年4月に沈没事故を起こしたセウォル号の実質オーナーだった兪炳彦(ユ・ビョンオン)元会長は、失踪した後、韓国南西部の順天市の山中で遺体で発見された。

 同じく朴槿恵(パク・クネ)政権時代の2015年4月には、李明博(イ・ミョンバク)元大統領と関係が深かった中堅ゼネコン・京南企業の成完鍾(ソン・ワンジョン)会長が検察に不正疑惑で聴取を受けた後失踪し、ソウル市郊外の北漢山兄弟峰の付近で遺体となって発見された。自殺と見られている。

 昨年、娘の大学不正入学疑惑や私募ファンドによる不正投資疑惑など数々の疑いで起訴された曹国(チョ・グク)前法務部長官の周辺にも、自殺と見られるケースが複数ある。2019年11月に曹氏のファンド運用関係者が遺体で発見されたほか、2019年12月には、曹国氏の関与も噂される選挙介入疑惑の重要参考人だった大統領府の行政官が、遺体となって発見された。

 つい最近でも、寄付金の私的流用や不正会計を元慰安婦から告発された正義記憶連帯(旧挺対協)の前代表、尹美香(ユン・ミヒャン)国会議員に対する疑惑で、補助金の不正利用が疑われていたソウル市の慰安婦施設で所長を務めていた男性が今年6月に自宅の浴室で自殺している。

「韓国には『川に落ちた犬は棒で叩け』という諺がある。非常に激しい競争社会なので、高い地位に登り詰めた人は、一度失脚すると徹底的に叩かれて、二度と這い上がれない。だから、自暴自棄になって死を選ぶ人が多いのだと思います」(前出・前川氏)

 一方で、疑惑の関係者の死によって捜査がそれ以上進まなくなる例が多々あることから、本当にすべて自殺なのかという疑いの声も根強い。韓国人作家の崔碩栄(チェ・ソギョン)氏もこう疑問を投げかける。

「今回の朴氏の事件でも不審な点が多い。朴氏がリュックを背負って家を出てから、山に到着するまでが非常に短時間で、記者が警察に『なぜそんなに早く着いたのか』と聞いたら、『タクシーを使ったんだ』と答えていた。しかし、今どきのタクシーにはみなドライブレコーダーが設置してあり、朴氏は有名人なので、タクシー会社を調べればすぐにわかるはずなのに捜査をした形跡がない。死因も明らかにされていないのです。

 慰安婦施設の所長も、浴室で座って、首に巻き付けたホースを自力で締めて死んでいたとされるが、そんなことが可能なのか。もちろん、他殺だとする証拠はないが、警察もマスコミもろくに調べず、はなから自殺と決めつけて片付けようとしている。文在寅政権になって、政権に近い人物が疑惑に巻き込まれたとき、その周辺人物が複数命を落としたが、自殺で片付ける傾向が強まっていると感じる」

 真相は深い闇に包まれている。

●取材・文/清水典之(フリーライター)