若い頃ってまだまだ世間知らずですが、歳をとるごとに警戒心が強くなるもの。そのため、いま思い返すと若さゆえに恐ろしい言動をとっていたことも……。
そこで今回は「よくよく考えると『自分怖いもの知らずだったな』と思う恋愛」についてご紹介します。

1. とりあえず会う

「SNSの書き込みで『今日会えますか?』『いいですよ!』と、何も知らない男性と会ったことがある。気さくな男性で、ファミレスでご飯を食べて解散だったけれど、いま思うとヤバすぎる」(30代/接客)

▽ その場のノリで会うのは、さすがに怖すぎますよね。もちろんいい人もいますが、全員がそうではありません。自分の身を守るためにも、慎重になるべきですよね。

2. 初対面の男子の家に行く

「20歳頃は、友達に紹介された初対面の男子の家とか普通に行っていた。変なことはされなかったけれど、警戒心なさすぎですよね。自分が恐ろしい!」(20代/会社員)

▽ 車やカラオケもそうですが、初対面の男子と密室になるってかなり危険。躊躇なくふたりきりになっていた自分が恐ろしくなります。いま振り返ると「何もなかったのは運がよかっただけ」と思ったり……。

3. 失礼な一言を連発

「合コンで『えー! こんなこともできないの!?』とか、黒髪の男性に向かって『私黒髪の人嫌いなんだ〜』など、何様なセリフを言ってたこと。相手の方が優しくて、終始笑ってくれたからよかったけれど……。いまになって調子乗りすぎだったなと反省しています」(20代/事務)

▽ 当時は怖いもの知らずで、平気で失礼な一言を連発していた人も。器の広い男性だからよかったものの、トラブルになっていてもおかしくないですよね……。

4. 彼氏との写真をバンバンアップ

「高校生の頃は、彼氏とのツーショット写真をブログにアップしていました。中にはチュープリまで……。でもどこで悪用されるかわからないし怖いですよね。当時は軽率だったなと思います」(30代/食品)

▽ 黒歴史にもなる彼氏とのツーショット。プチ有名人になると、実際に悪用されていた人もチラホラいたようです。特にチュープリなんて恥ずかしさの極み! 自ら流出させていたなんて、穴があったら入りたくなりますよね。

5. テリトリー内で付き合う

「友達の元カレやクラスの同級生、部活仲間など……。テリトリー内で付き合ったり別れたりを繰り返していたこと。トラブルもそれなりにあったけれど、常に自分の気持ち優先でしたね。もし職場で同じことをしたら、居場所がなくなると思います……」(30代/一般事務)

▽ 人間関係お構いなしに、テリトリー内を荒らしまくる女性っていましたよね。それだけモテるのは羨ましいですが、振り回されるほうは大変なものです。でもその経験からいまは周囲を尊重した恋愛ができているのなら、ある意味無駄ではなかったのかもしれませんね。