7月2日(2020年)の未明に首都圏の夜空を流れた火球は、きのう13日、隕石だったことが確認された。

隕石が落ちたのは千葉県習志野市のマンション。2階で寝ていた住民は午前2時32 分頃にドーンという音で起こされる。翌朝外に出てみると、通路部分に小さな石が落ちていて、手すりがへこんでいるのを見つけた。ニュースをみて「もしかして」と思って保管し、さらに2日後、まだあるんじゃないかとマンション管理人と一緒に中庭を探したところ、2個目も発見した。

日本初?の軌道がわかる隕石。「はやぶさの功績に匹敵」

住民の届け出を受けた国立科学博物館が調査し、ガンマ線測定の結果、日本で53番目の隕石と確認された。落下の様子は首都圏複数の場所から撮影されていて、それらを元に落下経路を推定するCGも制作されている。

国立科学博物館の米田成一グループ長は「落下する様子が目撃された隕石が回収されるのはなかなか珍しいケースです。軌道が観測された隕石が見つかるのは日本初かもしれない。どこから来た隕石か分かった上で調べることができる」。

今回の隕石発見は小惑星探査機「はやぶさ」の功績に匹敵する可能性もあるという。今後は国際隕石学会に習志野隕石として登録申請が行われる予定だ。

堀池亮介アナウンサー「ご自宅に落ちてきたら欲しくなりませんか?」

小倉智昭キャスター「当然提供しませんよね。でも、博物館がぜひと言われたら出さざるを得ないんでしょうか」

キャスターのカズレーザー「隕石は年間何個も落ちるんですが、大半は海に落ちて拾えることはレア。テンション上がりますし、博物館の方が嬉しそうに話すのもわかります」

山下真司(俳優)「人にでも当たっていたら大変だけど、ウチに落ちて欲しかったな」

文・みっちゃん