不動産賃貸仲介サイトを運営するハウスコムとAIを活用したユニークな企画・開発を行うレッジは13日、いくつかの質問に回答することでAIが"住みたい街"、"好きになれる街"など好みの街を提案してくれる「ハウスコム ライフスタイルサーチ」をリリースした。

「ハウスコム ライフスタイルサーチ」イメージ(同社資料より)

街が持つ個性は、なかなか一言で表せるものではない。人の趣味や嗜好によって、ピンとくる特徴は異なるものだ。サービスは、Webサイトにアクセスし、ライフスタイル関するいくつかの質問に答えていくことで、AIを活用しマッチする街を探し出そうというというもの。AIが全国約1万人の趣味嗜好傾向データと街のデータから利用者に適した町をリスト表示してくれる。

ハウスコムが昨年12月に開催した「第3回大学生ビジネスコンテスト」の優勝チーム「ホシカナ(リーダー:星 佳杏さん)」のアイデアをサービスとして実現したもので、同社では今後も大学生ビジネスコンテストを通して、学生や企業、NPOなど様々な団体と協業してアイデアを具現化するサービスを継続していくという。

「ハウスコム ライフスタイルサーチ」結果例(同社資料より)

(公式Webサイト)
'>「ハウスコム ライフスタイルサーチ」(公式Webサイト)