(C)さくらプロダクション/日本アニメーション

写真拡大

日本アニメーションがアニメーション制作・ライセンス管理を行う『ちびまる子ちゃん』のポップアップショップ「ちびまる子ちゃん サマーワゴン」が、2020年7月24日(金)〜8月6日(木)の期間限定で東京駅一番街内にある東京キャラクターストリートにオープンする。

1990年のアニメ放送スタートより、今年1月にアニメ化30周年を迎えた人気作品『ちびまる子ちゃん』。 静岡県清水市(現・静岡県静岡市清水区)を舞台に、そこに暮らす一家・さくら家の次女である小学3年生のまる子(さくらももこ)と、家族や友だちとの日常を、楽しく面白く、時に切なく描いた心温まる作品だ。

この度の「ちびまる子ちゃん サマーワゴン」のオープンにあたり、夏をイメージした描き起こし新アート「ちびまる子ちゃん ウォーターゲーム」を公開。まる子、大野くん、杉山くんの三人組がウォーターシューターで遊んでいる姿を描いた涼しげなアートとなっている。

同ショップでは、新アートを使用したウエットティッシュ缶やアクリルスタンドなどの新商品を先行販売するほか、「ちびまる子ちゃん」関連商品約100アイテムを販売。期間中、同店で「ちびまる子ちゃん」関連商品を2000円(税込)以上購入すると、先着で新アート「ちびまる子ちゃん ウォーターゲーム」を使用した限定うちわがプレゼントされる。

(C)さくらプロダクション/日本アニメーション