新型コロナ感染が、新宿の夜の街から東京全体へ広がっている。1〜12日(2020年7月)の東京23区の感染者数を見ると、新宿区は401人、隣接する豊島区では92人、この2つの区に隣接する中野区では97人と、大きな繁華街がない区にも広がっていることが分かる。

新宿区の吉住健一区長は、感染経路不明が増えた理由について「新宿区の繁華街で働いている方々の中には、副業でやっている人もいて、本業の方の会社に知られたくないという人もいます」と話す。さらに、夜の街ならではの特徴が事態を悪化させた。「(夜の街で働く人には)地方から出てきた人が多く、共同生活をするパターンが多い」と吉住区長。オフの時間に感染が広がったようだ。

歌舞伎町は怖いからと池袋や渋谷に流れる若者

隣接する区に感染が広がっていることについて、日本感染症学会指導医の水野泰孝医師は「本来は新宿に遊びに行っていた若者たちが、歌舞伎町は怖いからと言って池袋や渋谷に流れている」と話す。また、同会専門医の寺嶋毅医師は「職場や行動範囲は新宿であっても、住まいなどが交通の便の良い杉並区や千葉方面、あるいは池袋を経由した北の区や埼玉県であると考えられる」と、感染がほかのエリアに広がりつつある理由を説明する。

そんな中、国は国内旅行の代金を半分補助する「Go To キャンペーン」を大幅に前倒しし、来週から始める。全国知事会は感染拡大を警戒し、「まずは近隣地域の誘客から」と求めている。

東京からの旅行者を地方は歓迎するか

司会の加藤浩次「この状況でこのキャンペーンをするのは、矛盾している気もします。休業要請は自治体が自分たちでできるのに、小池都知事はなぜしないのでしょうか」

水野医師「都はピンポイント対策を打つべき。いくつかのホットスポットで局所的に火が燃えているところをこまめに消していかないといけない」

杉山愛(元プロテニスプレーヤー)「今の状態で、東京から旅行者が来るのを他県の方がウエルカムかと言えば、どうかなあと思います」