名古屋の機械工具商社ノダキと駄菓子メーカー共親製菓のコラボで生まれた熱中症予防ゼリー『現場の相棒 塩ビタミンゼリー』。ノダキの野田典嗣社長(左)と共親製菓の安部輶博専務(筆者撮影)

名古屋の機械工具商社と駄菓子メーカーのコラボで生まれた熱中症予防ゼリー。その名も『現場の相棒 塩ビタミンゼリー』。

新型コロナウイルスの感染防止のためにマスクを着用するのが日常生活に定着してきた。これからますます暑くなる中で懸念されるのが熱中症である。塩飴や飲料水などさまざまな熱中症対策の食品があるが、このほど名古屋の機械工具商社と駄菓子メーカーがタッグを組んで開発した『塩ビタミンゼリー』が話題を呼んでいる。

空調服やスポットクーラーでは太刀打ちできない暑さ

「夏場に取引先の町工場へ行くと、熱中症対策の商品について尋ねられることが多いんです。とくにここ3年ほどは従業員の方が熱中症で病院へ運ばれたという話をよく耳にするようになりました。何しろ、暑さに慣れているタイ人やベトナム人の研修生も倒れてしまうことがあるそうですから。これは何とかせねばと思いましたね」と話すのは、名古屋市西区にある機械工具商社、ノダキの代表取締役社長、野田典嗣さんだ。

ノダキは1907年創業の老舗機械工具商社。今では機械工具からの延長で、多岐にわたる商品を扱っている。とくに自動車産業をメインに製造業が盛んな愛知県では絶大なシェアを誇り、アジア圏でも事業を展開している。

扱う商品が機械工具という消耗品であることから、同社の営業はほぼ毎日クライアントを訪れ、「御用聞き」のような形で客のニーズに応えている。同社が扱う空調服やスポットクーラー、水冷扇などを納めても熱中症の被害が及ぶ現場があった。

そこで野田さんは熱中症の予防に観点を変えて考えてみることに。こまめな水分と塩分の補給が必要となる。実際、夏場になると、スーパーやドラッグストアに塩飴やOS-1、ポカリスエットなどの飲料が並ぶ光景を目にする。

「すぐに食べられるようにと工場内に塩飴を置いておくと、暑さでドロドロに溶けてしまううえ、個別包装のパッケージが開けにくいんです。致命的なのは、おいしいと思える商品がないから手が伸びないという意見が多く寄せられたことでした。飲料の場合、例えば、工場で1000人が働いているとしたら、1日1000本は消費されるわけです。コストもかかりますし、保管する場所も必要になります。飴や飲料に代わるものをずっと探していました」(野田さん)

2019年10月、野田さんは、ノダキと同じ名古屋市西区にある菓子メーカー、共親製菓の専務、安部輶博さんに案内されて工場を見学した。

同社はベストセラー商品『さくらんぼ餅』をはじめ、こんにゃくや寒天を使ったゼリー、いわゆる駄菓子の製造・販売を手がけている。こちらも創業73年の老舗メーカーだ。野田さんと安部さんは名古屋市内の経営者が集まる会合で知り合い、たまに連絡を取り合う間柄だった。


共親製菓のベストセラー『さくらんぼ餅』(写真:共親製菓)

「工場でゼリーの製造工程を見たとき、これだ!と思いました。スティック状のゼリーにすれば場所を取らないし、気軽に塩分を摂ることができるのではと。すぐに安部さんに話を持ちかけました」と、野田さん。

塩飴や塩タブレットなど塩分補給菓子はすでに1つの市場を築いており、冬場ののど飴と同様に需要拡大していくと思った安部さんは、申し出を快諾。こうして塩分補給のゼリー、『塩ゼリー(仮)』のプロジェクトがスタートした。

「塩飴などは一般家庭だけではなく、工場などの現場でも食べられていることを知りました。スーパーやドラッグストアの棚に並ぶのは、大手メーカーのものばかりですが、ゼリーで勝負を挑んでみようと思いました」と、安部さん。

「しょっぱさ」を消しておいしくすることが課題

前にも書いたが、工場で働く人々が塩飴があっても食べない最大の理由は、おいしくないことである。安部さんはオレンジやグレープのフレーバーで味付けしたゼリーを試作して、野田さんに提案した。ところが、うだるような暑さの中では甘いものも食べたくなくなる。話し合いを重ねた結果、爽やかなレモン味に決定した。

厚生労働省は熱中症予防対策として、「0.1〜0.2%の食塩水、ナトリウム40〜80mg/100mlのスポーツドリンク又は経口補水液等を、20〜30分ごとにカップ1〜2杯程度摂取することが望ましい」(厚生労働省通知「平成27年の職場における熱中症予防対策の重点的な実施について」)としている。

この厚労省推奨の数値通りにすると、どうしてもしょっぱくなる。それを消しておいしく食べられるようにするのが課題だった。

「塩分(ナトリウム)の吸収を助けるブドウ糖や疲労回復に効果があるクエン酸のほか、レモン味をより強く感じるようにと、ビタミンAとD、E、B1、B2、B6、B12、C、ナイアシン、葉酸、パントテン酸を入れました。結果、熱中症だけではなく、風邪の予防にも効果が見込めますから、夏場に限らず通年利用してもらえるのではないかと期待しています」(安部さん)

筆者も実際に食べてみたが、ほのかな酸味と甘みが絡み合う複雑な味わいが口の中で広がってスッと身体に吸収していく。甘すぎないので食べ飽きることはない。実によく考えられていると思った。ゼリー1本と水分100mlを摂れば、厚生労働省推奨濃度と同等の電解質補給ができるという。

いちばん驚いたのは、水分の量。通常、こんにゃくゼリーなどには容器の中に水分が入っている。味や食感、のど越しを引き立てるものである。その反面、開封時に水分が飛び出して手がベタついたりすることもある。工場などの現場ではそれがストレスになるのだ。

「実はそこがいちばん苦労しました。ゼリーは水分が多ければ多いほど瑞々しくておいしく感じるんです。おいしさはそのままに、ギリギリの水分量にしてありますから開封しても水分が出ることはありません。それでも70%は水分ですから、塩分の吸収も早く、年配の方でも食べやすいと思います」(安部さん)

すべてが現場目線で作られているのである。商品名も工場などの現場で仕事をしている人たちを熱中症から守るということから、『現場の相棒 塩ビタミンゼリー』と名付けられた。

めざすのは、多種多様な「現場」の相棒

価格は駄菓子にも使うボトルに1kg入りで2500円(税別)。ボトルには約100本入っているので、1本あたり25円。まさに駄菓子の値段だ。ノダキが総販売元となり、従来の取扱商品である機械工具と同様に「現場」のプロツールとして販売している。


『現場の相棒 塩ビタミンゼリー』。「ビタミンたっぷり」というフレーズは、食品表示基準を満たしているからこそ表記できる(写真:ノダキ)

「価格を維持するため、今のところはスーパーやドラッグストアでの販売は考えていませんが、AmazonやYahoo!ショッピングでも購入できます。実は『現場の相棒』を製造・販売するにあたって、SDGsに基づいて取り組もうと思いました」(野田さん)

まず、『現場の相棒』そのもののコンセプトがSDGsの17の目標の3番目、「すべての人に健康と福祉を」と13番目の「気候変動に具体的な対策を」に基づいている。さらには、5番目の「ジェンダー平等を実現しよう」も、商品の開発チームのリーダーに女性社員を起用したほか、パッケージには女性のイラストも入っている。

注目すべきは11番目の「住み続けられるまちづくりを」という目標に挑むノダキと共親製菓の姿勢だ。利益の中から、地域の小中学校や学童、スポーツ団体に『現場の相棒』を寄贈する活動を行っているのだ。


名古屋市西区役所にて、梅田淳西区長(写真右端)に『現場の相棒 塩ビタミンゼリー』を寄贈(写真:ノダキ)

「とくに子どもたちは大人から『マスクをしなさい』と言われれば、ずっとしています。熱中症に罹ってからでは遅いんです。熱中症を予防するためにまずは地元からと思い、名古屋市西区役所を通じて区内の児童クラブ(学童)に寄贈しました」

また、野田さんは、友人であるフェンシングの選手から、新型コロナの影響で、窓を開け放って練習していることを耳にした。全身を防具で覆っているうえに冷房の利きも悪くなるので熱中症のリスクも高いと思い、愛知県フェンシング協会にも寄贈したという。

「将来は、パッケージの『現場』という文字を社名などに変えて、ノベルティー商品として販売することも検討しています。夢はテレビ朝日の刑事ドラマ『相棒』の相棒を作ることです(笑)」(野田さん)

「現場」とひと口に言っても、多種多様。過酷な現場では手放せない、まさに「相棒」となるだろう。