イオンフィナンシャルサービス、1994年の上場以来、 初めての減配で、利回り2.5%に急落! 2021年2月期 の年間配当は前期比66%減となる「1株あたり23円」に

写真拡大

 イオンフィナンシャルサービスは、2021年2月期の配当を前期比で「大幅な減配」とする予想を、2020年7月8日の15時30分に発表した。これにより、イオンフィナンシャルサービスの配当利回り(予想)は2.58%に大幅ダウンし、上場後ずっと続いていた「連続"非減配"期間」は"25期"でストップする見通しとなった。

 イオンフィナンシャルサービスが発表した2021年2月期の配当予想によると、2021年2月期の予想配当は中間配当(8月)が「11円」、期末配当(2月)が「12円」、合計の年間配当額は「1株あたり23円」となっている。

 イオンフィナンシャルサービスの2020年2月期の配当は「1株あたり68円」だったので、前期比で「45円」の大幅減配となる。今回、「減配」を発表したことによって、イオンフィナンシャルサービスの配当利回り(予想)は2.58%となった。
【※関連記事はこちら!】
⇒「高配当株」と「増配株」では、どちらに投資すべきか?「増配」は業績やビジネスモデルの“裏付け”があるが、「高配当」は株価や配当額に左右される不安定なもの!

 イオンフィナンシャルサービスは今回、配当予想とともに業績予想も発表しており、2021年2月期の業績予想は前期比で「増収・大幅減益」となっている。この業績予想を受けて、前期比で「減配」の配当予想となった形だ。なお、イオンフィナンシャルサービスは「配当性向30〜40%程度の水準を維持すること」を配当方針としているが、2021年2月期の配当性向(予想)は49.6〜99.2%となっている。

 なお、イオンフィナンシャルサービスが発表した「業績予想および配当予想」や「第1四半期決算短信」を受けて、イオンフィナンシャルサービスの本日(2020年7月10日)の株価は、2日前の発表当日(2020年7月8日)の終値1128円より239円も安い889円(−21.18%)で引けている。

イオンフィナンシャルサービスの過去27期の配当の推移は?

■イオンフィナンシャルサービス(8570)の過去27期の配当の推移
年間配当額 年間配当額
2008/240円
1995/21.1円2009/240円
1996/22.1円2010/240円
1997/22.8円2011/240円
1998/23.7円2012/245円
1999/24.8円2013/350円
2000/27.5円2014/360円
2001/212.1円2015/360円
2002/215.1円2016/366円
2003/216.6円2017/368円
2004/220円2018/368円
2005/223.3円2019/368円
2006/230円2020/268円
2007/240円2021/223円
(予想)

 イオンフィナンシャルサービスは、1994年12月に上場して以来、一度も「減配」をせずに、配当を「維持」もしくは「増配」している"非減配"を継続していた。しかし、2021年2月期の配当予想「1株あたり23円」が予想通りに実施されれば、「連続"非減配"期間」は"25期"でストップすることになる。
【※関連記事はこちら!】
⇒配当が減らない“隠れ増配株”ランキング上位20銘柄を紹介! 減配をせずに、配当を維持・増配し続けている「非減配」期間が長い優良な安定配当株ランキング!

 イオンフィナンシャルサービスの年間配当額は、「連続”非減配”」が始まる直前の1995年2月期から2020年2月期までの25年間で、「1株あた1.1円」から「1株あたり68円」まで、61倍以上に増加していた。しかし、今回の減配発表によって、2020年2月期の「1株あたり68円」から「1株あたり23円」まで、66.1%減となり、年間配当額は2005年2月期の水準にまで減少することになる。
【※関連記事はこちら!】
⇒「配当利回りが高い株」に投資するより重要なのは、「増配傾向にある株」を選んで投資をし続けること! 実現間近の「配当でモトを取る」途中経過も大公開!

イオンフィナンシャルサービスの配当利回りは?

 イオンフィナンシャルサービスの2020年7月10日時点の株価(終値)は889円、なので、配当利回り(予想)は以下のようになる。

【※イオンフィナンシャルサービスの配当利回り(予想)】
株価:889円(2020年7月10日時点)
年間配当額:中間11円+期末12円=23円(2021年2月期・予想)
配当利回り:23円÷889円×100=2.58%

 また、参考として配当利回り(実績)も計算しておこう。イオンフィナンシャルサービスの2020年2月期の年間配当額は「1株あたり68円」、2020年2月28日時点の株価(終値)は1568円なので、配当利回り(実績)は以下のようになる。

【※イオンフィナンシャルサービスの配当利回り(実績)】
株価:1568円(2020年2月28日時点)
年間配当額:中間29円+期末39円=68円(2020年2月期・実績)
配当利回り:68円÷1568円×100=4.33%

 2021年2月期の配当を前期比で「大幅減配」としたことで、イオンフィナンシャルサービスの配当利回りは2.58%に大幅ダウンした。ちなみに、2020年6月の東証1部の平均利回りは2.15%(配当実施企業のみ)なので、配当利回り(予想)は大幅な減配後でも「やや高め」の水準となっている。なお、イオンフィナンシャルサービスは株主優待を実施していない。
【※関連記事はこちら!】
⇒「7月に権利が確定する株」の配当利回りランキング! 配当利回り4.1%で9期連続増配予想の「積水ハウス」、15期連続増配の「プラネット」など、上位10銘柄を公開

 イオンフィナンシャルサービスは、イオングループにおいてクレジットカードや銀行などの金融サービスを担う総合金融サービス会社。香港、タイ、マレーシアなどアジア10カ国でも事業を展開。2021年2月期(通期)の連結業績予想は、営業収益こそ0.5%増であるものの、営業利益・経常利益・親会社株主に帰属する当期純利益はいずれも70~85%減となっている(すべて前期比)。
【※関連記事はこちら!】
⇒「連続増配株ランキング」ベスト20![2020年最新版]30期連続増配の「花王」、18期連続増配で利回り3.7%と高水準の「KDDI」など、おすすめの増配銘柄を紹介!

イオンフィナンシャルサービス
業種コード市場年間配当額(予想)
その他金融業8570東証1部23円
株価(終値)単元株数最低投資金額配当利回り(予想)
889円100株8万8900円2.58%
【※イオンフィナンシャルサービスの最新の株価・配当利回りはこちら!】
※株価などのデータは2020年7月10日時点。最新のデータは上のボタンをクリックして確認してください。