1/6この画像は、過去70年のあいだにミシシッピ川の流路がどう変わったかを示している。中央を走る緑色の帯が現在の川で、そのまわりの赤いエリアが主な水路だ。PHOTOGRAPH COURTESY OF NASA/METI/AIST2/62019年11月、カリフォルニア州ソノマ郡の広い地域で、「キンケード火災」と呼ばれる大規模な山火事が燃え広がった。この画像の灰色に見える部分は、すでに焼失したエリアだ。いままさに燃えている地域が黄色の点で示されている。PHOTOGRAPH COURTESY OF NASA/JPL-CALTECH3/6カラフルな砂糖菓子のようなこの画像は、現在のモロッコにあたる場所で8,000万年前に起きたアフリカとユーラシアの構造プレートの衝突を示している。この衝突により、アンティアトラス山脈と呼ばれる山脈が生まれた。ふたつのプレートの間には、テチス海と呼ばれる海があったが、プレートの衝突により消滅した。そして、石灰岩、砂岩、粘土岩、石膏といったあらゆる物質が押しつぶされて、この画像に見える褶曲した層ができた。鉱物によって、吸収する光の波長が異なるため、虹のような色になっている(組成の変化も見てとれる)。PHOTOGRAPH COURTESY OF NASA/METI/AIST4/6蘇州は、中国東部屈指の大都市だ。揚子江の河口近くに位置するこの街は、中国の経済中心のひとつになった。この画像は、NASAの人工衛星「ランドサット」が1984年に撮影した衛星写真と、NASAの衛星「テラ(Terra)」に搭載された、可視から熱赤外にわたる14バンドの観測波長をもった日本の地球観測用センサー「ASTER(アスター)」■https://www.sed.co.jp/sug/contents/satellite/satellite_aster.html■が2015年に撮影した衛星写真を組み合わせたものだ。この合成写真を見ると、1990年に人口90万人だった蘇州が、2017年には530万人の大都市にまで成長したプロセスが窺える。PHOTOGRAPH COURTESY OF NASA/METI/AIST5/6この画像は、チリのティエラ・デルフエゴ諸島の南端に位置するホーン岬だ。ここは通常、さらに南の南極へ向かう前の探検家が目にする最後の陸地になる。ドレーク海峡とも呼ばれるこの水路は、強風と荒天で悪名高く、岬をまわる無数の帆船を沈没させてきた。PHOTOGRAPH COURTESY OF NASA/METI/AIST6/6北日本の秋田県にある大潟村は、人口わずか3,000人ほどの小さな村だ。この村の土地の大部分は、八郎潟という湖の干拓によって生まれた。八郎潟の名残は、この画像の青い部分に見てとれる。大潟村と八郎潟は、海面より下に位置している。PHOTOGRAPH COURTESY OF NASA/METI/AIST

地球環境について考える記念日とされる「アースデイ」は、2020年4月22日でちょうど50年目を迎えた。米航空宇宙局(NASA)の地球観測衛星「テラ」の目を通して、わたしたちの美しい惑星を眺めるにはぴったりの時期だ。

「さまざまな波長で見た“異世界”のような地球:今週の宇宙ギャラリー」の写真・リンク付きの記事はこちら

テラは1999年12月、環境と気候変動の影響を調べるために打ち上げられた。ここで紹介している画像は、テラに搭載された「アスター(ASTER:Advanced Spaceborne Thermal Emission and Reflection Radiometer)」と呼ばれる装置で撮影されている。アスターはさまざまな波長でデータを集め、鉱物、水温、地表の熱活性の細かな違いを浮かび上がらせる。

例えば、熱赤外放射計で地面を観測すれば、永久凍土の融解や、大気の熱放出といった熱変化を見つけ出せる。そうした観測から生まれるのが、ほとんど異世界のようなレインボーカラーで地表や雲、氷、水を描き出す高解像度画像なのだ。

そのほかの宇宙写真は、こちらから楽しんでほしい。