千葉県ではきょう、緊急事態宣言解除後、最も多い31人が新型コロナウイルスに感染したことが確認された。

・【映像】大阪では午後8時に「黄色信号」点灯へ

 千葉県によると、きのう浦安市にあるタムス浦安病院のリハビリ病棟に勤務する20代の女性看護師の感染が確認され、濃厚接触者として入院患者ら17人にPCR検査を行った。

 その結果、新たに同じ病棟の看護師3人と入院患者6人の感染が確認された。県はクラスターが発生したとみて調査を進めている。病院は一時的に新規の入院患者の受け入れを停止するなどしている。

 千葉県全体では31人の感染が確認され、緊急事態宣言解除後では最多となる。このうち少なくとも13人は仕事や会食などで東京都内への往来があったという。(ANNニュース)