2位確定も13日の判断次第では2年チャンピオンズリーグ出場禁止…ペップ「選手たちには出場する資格がある」

写真拡大

マンチェスター・シティのジョゼップ・グアルディオラ監督は、選手たちがチャンピオンズリーグ(CL)出場に値すると称えている。

11日に行われたプレミアリーグ第35節で、ブライトンに5-0と大勝したマンチェスター・C。勝ち点を72まで伸ばし、2位の座を確定させた。

しかし、マンチェスター・Cはファイナンシャル・フェア・プレー(FFP)への“重大な違反”があったとして、2年間のUEFA主催大会への出場禁止処分を言い渡されている。これを不服としたクラブがスポーツ仲介裁判所(CAS)に訴え、13日にも判断が下されることになる。

試合後グアルディオラ監督は『スカイスポーツ』に対し、「今夜の結果、レベルのすべてに満足している」とコメント。そして、選手たちはCL出場に値するとの見解を述べた。

「我々は今良い状態にあり、プレミアリーグの最後の試合、そしてCLでプレーする準備はできている。(第33節)サウサンプトン戦の結果(0-1)は忘れてしまったが、信じられないほど良いプレーだった。フットボールは時に奇妙なもの。ただ単に、あそこでは得点できなかっただけだ。今日はそれが実現できた」

「CL出場権を獲得したが、これはクラブにとって最低条件だった。ここの選手たちは過去6〜7年の間成し遂げてきたけどね。ピッチ上で勝利を収め、月曜日にはUEFAが来季の出場を許可してくれることを願っている。選手たちはCLに出場する資格があるんだ」