最後の砦と思って結婚相談所に入って婚活しているけれども、うまくいかない......。この相談所って大丈夫なの?他の相談所に登録すれば結婚できるの?そう悩んでいる方、必見です。

相談所に入れば出会いがあるはず!だったのに...…。

今の結婚相談所は辞めた方がいいですか?

こんにちは。恋愛婚活コンサルタントの菊乃です。

最近多いご相談が、「結婚相談所で婚活しているけれどもその相談所に不信感を持った」というお問い合わせ。辞めるべきか続けるべきか迷って、セカンドオピニオンとして私に相談してくださるのです。

婚活サービスの中で、一番高額なのは結婚相談所。アプリやパーティーを使っても結婚に至るご縁がなく、その次の手段として結婚相談所に登録する方が近年増えております。金額が高い分、期待もしますよね。しかし、アプリより会員数が桁違いに少ない結婚相談所に入会しても、アプローチしてくる男性はマッチングアプリよりぐっと減るのです。

この先に結婚が本当にあるのか、不安になる方もいらっしゃるでしょう。

あくまで結婚相談所は、独身で結婚願望が保証された異性との出会いの場が買えるだけで、魅力が買えるわけではありません。まず大前提として、どこの結婚相談所に入っても結婚できる人はできる、逆にどこの結婚相談所に入っても結婚が難しい状態の方もいます。後者の方は、自分に合う婚活サービスを吟味して婚活すべきです。

しかし、実際多くの方は「結婚相談所はどこも同じ。違いは会員数と金額ぐらい」と思っている人が多いでしょう。仕方がない面も多いですよ。結婚相談所で活動している人も、友達に言ったりすることはあまりないので、実態がわかりにくいですよね。

実は、仕組み・特長は相談所毎に違うのです。

合わない相談所に入って婚活をしていれば時間と労力を消耗するかもしれません。ちなみにここでいう結婚相談所は、独身証明書という公的書類を必ず提出して登録するサービスを言います。任意で独身証明書の提出もできるマッチングアプリもありますが、ここでは含めておりません。

会員数と料金以外に結婚相談所ってどう違うの?

・エリア
「会員●万人」と書いてあっても、お住まいの県の男性会員が100人未満であることを、入会してから知ったというのはよくあることです。都道府県で結婚支援サービスを行なっているところも増えてきました。もしかしたらそういう行政結婚相談所の方が、同じ県内の人を探すには都合がいいかもしれません。

・プロフィール項目
結婚相談所は、年収や身長、学歴が記載されているプロフィールを見て、会うかどうか決めます。項目は相談所毎に若干違いますが、どこも年収、居住地、身長、婚歴、子どもの有無といった項目はあります。

中には、親の生年月日、親の学歴、仕事まで記入する相談所も。家柄を気にする方が婚活しやすいように、でしょうか。宗教、病歴の項目がある結婚相談所もあります。女性の年収は非公開が多数派という結婚相談所もあれば、女性も基本的には年収を公開する相談所もあります。

・メッセージのやり取り
マッチングアプリのように気になる人にメッセージを送って、やり取りしてデートの約束をするタイプの結婚相談所もあります。メジャーなのは、プロフィールを見て、双方がいいなと思ったら会うための日程調整に入るスタイルではないでしょうか。会ってみて、もう一回会ってもいいとなった場合に、結婚相談所のシステムを介して連絡先交換ができます。お断りする場合も、ボタン一つでお断りができます。メッセージのやり取りをして会うタイプの結婚相談所は、会ってから断る場合も自分で断ります。

・お見合い場所
ホテルのラウンジと決まっているところもあれば、カフェでお茶とカジュアルなお店でもいいという結婚相談所もあります。地方だと、初対面は結婚相談所内の個室という相談所も。自由度が高い相談所だと、二人で決めた場所ならどこでもありというところもあります。

・お見合いの支払い
「男性が全額支払う」、「お断りしやすいように割り勘を推奨」、「二人で決めればいい」というスタンスの3パターンがあります。

それ以外にも違いは様々ありますが、ごく一部をご紹介しました。

「家庭的」を大事にする結婚相談所と「個人」を大事にする結婚相談所がある

合わない結婚相談所を選んでしまうと、婚活がうまくいかないことが多いです。ある女性は有名大学・大学院を卒業して大手企業に就職、収入の高い方でした。恋愛経験がなく、30代になってこのままじゃいけないと結婚相談所に入会したそうです。

「婚活はピンクかパステルよ」と言われ、とりあえずピンクの服を着て婚活写真を撮ります。「そんなもんか」と思っていたそうです。

彼女の結婚相談所では、担当者がおすすめPRを書く欄がありました。

「笑顔が素敵な話しやすい女性です。お料理が好きで家庭的なおすすめの女性です。ぜひ一度お会いしてみてください」と書いてあったのです。賢く、タフでユーモアセンスもありいいところがたくさんあるのに、みんなに同じコメントを書いているのではと疑うような一文でした。

「婚活だからそういうものかなと思っていました。一人暮らしだし料理は嫌いじゃないけれど、そういう役割を期待されてもそういうキャラじゃない......。でも、まず会ってくれる男性がいないとダメだからということでした」年収は実際より低く書くか非公開にするように言われ、その通りにし、似合わないぶりっ子服を着た写真を使って婚活していたのです。

写真とプロフィールを変えようと思ったのですが、相談所側から「結婚相談所の男性はお嫁さんを探しているのだから、このプロフィールでいいんじゃない」と言われ、迷った末に相談所を辞めたのです。

結婚相談所の教える「婚活の正解」から抜け出す

彼女は「婚活の日」と「仕事の日」で、きっぱりと区別しておりました。普段は家を出る30分前に起床して、適当な恰好で出勤し、髪もボサボサ。

長年、出会いはなく、所謂「婚活の場」に行かないと自分は結婚できないと思っていたそうです。でも、そういう出会いをお膳立てされた場であっても、とても選ばれる状態ではなかったのです。

出会い以前に、マナーとしての外見の底上げを提案しました。髪の手入れやメイク、服装を変えていきました。

すると、婚活パーティーで男性からアプローチされることが増えたそう。その後、新卒から働いている会社の先輩と結婚することになったと報告をいただきました。他の結婚相談所の利用も検討していたそうですが、意外に身近なところに出会いはありましたね。

■プロフィール

恋愛・婚活の賢人 菊乃

恋愛コンサルタント・婚活セミナー講師。山形県出身、静岡大学卒。29歳まで手抜きと個性を取り違えていたダメ女。低レベルからの女磨き、婚活ブログが人気になり2011年に出版し、恋愛コンサルタントとして独立。
著書は『あなたの「そこ」がもったいない。』他4冊。服装、メイク、会話、LINE添削などのサポートは何からやったらいいか分からない男女に好評。ブログは今も毎日更新。https://ameblo.jp/koakuma-mt/