フジテレビ・堤礼実アナ インタビュー(前編)
プライベートを語った後編はこちら>>

堤アナのインタビューカット集はこちら>>


 新型コロナウイルスの影響で、さまざまなスポーツイベントが中止や延期に追い込まれた中、唯一レースが開催され、スポーツファンを楽しませてくれていたのが競馬だ。

 そんな状況の中、レースをリアルタイムで放送し、競馬界の盛り上がりに一役買っていたフジテレビの番組『みんなのKEIBA』(毎週日曜・午後3:00〜)。

 競馬ファンにはお馴染みの井崎脩五郎さんや細江純子さん、DAIGOさんなど個性豊かなレギュラー陣とともにMCとして競馬の魅力を伝えているフジテレビの堤礼実アナウンサーに、番組のことや競馬にまつわる話を聞いた。


競馬や番組のことについて語ってくれた堤礼実アナ

――まずは、ここ最近の競馬、ご自身の馬券の調子はいかがでしょうか?

堤 日本ダービー(5月31日)までは悪くはなかったのですが、6月以降、どっぷり不調に浸かってしまって、さっぱりですね……(苦笑)。夏競馬に向けて、レースそのものが荒れてきたこともあるのですが、私は3連単とか馬単とか、わりと高額配当を狙って買うタイプなので、そういうこともあって、最近は全然当たらないんですよ。

――意外と勝負師なんですね。堤アナウンサーは、2019年1月から『みんなのKEIBA』のMCを務めていますが、以前から競馬には精通していたんですか?

堤 いや、まったく触れたことがない世界でした。ただ、フジテレビの内定が決まったとき、(今は)他局にいる同期と一緒に、『もしかしたら、いずれ競馬番組に関わるかもしれない』と、勉強がてら中山競馬場に行ったことがあるんです。

 そこで、なにより競馬場の臨場感に圧倒されたのを覚えています。みんな、違う馬を応援しているのに、不思議と競馬場って一体感があるんですよね。他のスポーツとはちょっと違うなと思いましたし、そんな体験をしたことで競馬の楽しさを知りました。

 とはいえ、まさかその後、本当に私が競馬番組に携わるなんて1ミリも思っていませんでしたが(笑)。

――それが、入社1年目の冬から『馬好王国〜UmazuKingdom〜』(毎週土曜・25:15〜)を担当することになり、のちに『みんなのKEIBA』のMCに。ご苦労されたこともあった。

堤 まさしく右も左もわからない状況でした。とくに『みんなのKEIBA』は生中継ですし、はたして自分の知識量でMCが務まるのか不安はありましたし、正直、今も葛藤しているところはあります。それでも、先輩の佐野瑞樹アナウンサーにフォローしていただきながら、何とかがんばらせてもらっています。

――競馬番組のMCとして、どのような役割を担いたいと考えていますか?

堤 競馬は魅力的なスポーツだということを、自分の経験を通して感じているので、それを多くの視聴者の方々に伝えていきたいですね。競馬に興味をもっていただいて、『やってみようかな』って思っていただけるように。

 また、競馬そのものの面白さを伝えるのはもちろんですが、少し視点を変えて、女性の視聴者の方々にも見ていただけるように、(自分の)衣装やヘアメイクなどの趣向を凝らすというか、そういう点にも気を遣って、(視聴者の方に)楽しんでいただけたらなと、スタイリストさんやメイクさんと相談させてもらいながらやっています。

――そういえば、先日の放送ではゴージャスな衣装を着用されていました。

堤 はい。あれは『馬好王国〜UmazuKingdom〜』でお世話になった、小嶋陽菜さんがプロデュースするブランドの衣装をお借りしたんです。

――『みんなのKEIBA』は、和気あいあいとしていて雰囲気がいいですよね。

堤 井崎脩五郎先生(競馬評論家)や細江純子さん(元ジョッキー/ホース・コラボレーター)は、競馬の知識の豊富さ、わかりやすさはもちろん、とてもユニークで、お話が面白いんですよね。そこに、華やかなDAIGOさん、佐野アナウンサーが乗っかっていって、いい雰囲気が生まれていると思います。

 私は一番年下ですし、その雰囲気を壊さないようバランスを心掛けながらやっている感じですね。脱線しすぎたら、MCとして「ここは(話を)戻さなきゃ」って思うこともあったりします(笑)。

――馬券を購入する際、競馬情報番組の現場にいると、いろいろな情報が入ってくるわけですよね。情報過多で混乱することはありませんか。

堤 ええ。私は人に流されやすいタイプなので……。そうしたなか、今は細江さんの予想を参考にさせていただくことが多いです。いろいろと情報をいただいて、(細江さんが)「私は今日、この馬は買わない」と言ったりすると、(私も)一緒になって、そのマネをしたり。

 けど、蓋を開けてみたら、その馬が好走することもあったりして(笑)。もちろん、有益な情報もたくさんもらっていますよ。

 あと、(番組内の)パドック解説のなかで、井崎先生をはじめ、みなさんにイチ押しをうかがっているんですが、その馬を買っていない時は、「ああ、終わった……」って思ったりしますね(笑)。

――では、自らの馬券が的中したレースで、最も印象に残っているものはありますか。

堤 昨年の日本ダービーです。勝ったロジャーバローズは人気薄だったんですけど、それでも(同馬を)1着固定にして、流して買ったんです。いろいろと研究して、というわけではなく、今日は何となく「浜中俊騎手が来るんじゃないか」と”女の勘”みたいなものが働いたので(笑)。

 浅はかな知識で恥ずかしいんですけど、その時は(自らの)馬券が当たって、本番中に初めて手が震えました。もちろん、平静を装いながら(笑)。でも、それまで長い期間、ずっと負けていたので、それで大きくプラスになったわけではないのですが。

――印象に残っている馬とか、気になる馬はいますか。

堤 やはり、アーモンドアイですね。私が競馬に深く携わらせていただいたタイミングで登場して、圧倒的な走りを何度も見せてもらいました。負けがついた時も、それさえ「(競馬に)絶対はないんだ」という、ある種の美学を(その姿に)見たというか、本当に美しい馬だなって。

――日本競馬最高となる、GI通算8勝を挙げてほしいですね。

堤 はい。個人的な欲を言えば、私が『みんなのKEIBA』のMCを務めているうちに見たいですね。

 あと、コントレイルも気になる1頭です。取材で(コントレイルが生まれ育った)鳥取県の大山ヒルズに行って、初めて触らせていただいた馬なんです。そういう意味では、思い入れがあるというか、すごく縁を感じている馬ですね。

――そうなると、この秋注目しているのは、アーモンドアイとコントレイルということになりますか。

堤 そうですね。あと、それらに加えて、これからデビューする2歳馬たちにも注目しています。新たな”怪物”が登場するんじゃないかといった期待を膨らませながら、この秋は幅広く競馬を楽しみたいですね。

Profile
堤 礼実(つつみ・れいみ) 2016年フジテレビ入社。
1993年11月23日生まれ、米国カリフォルニア州サンノゼ出身。
血液型:O型。趣味:ミュージカル鑑賞、ダンス。
好きなもの:東宝ミュージカル、宝塚歌劇、ハプスブルク家、
パクチー、チーズ。
モットー:「一瞬一瞬を大切に」「意志のあるところに道はある」