今季CL優勝を夢見るアトレティコ、D・コスタ弾でベティスを撃破!まず来季CL出場の目標を達成

写真拡大

11日のラ・リーガ第36節、アトレティコ・マドリーは本拠地ワンダ・メトロポリターノでのベティス戦に1-0で勝利した。

悲願の優勝を目指すチャンピオンズリーグ(CL)では、ベスト8でRBライプツィヒとの対戦が決定したアトレティコ。しかし、そこで夢を見る前に、来季CLの出場権を獲得するために4位以内でラ・リーガを終えるという目標を達成しなければならない。

来季よりペレグリーニ監督が指揮を執ることが決定しているこのベティス戦、アトレティコは前半にVARにより2度にわたって歓喜を失望に変えられる。まず22分、マルコス・ジョレンテのシュートがDFに跳ね返ったところをアンヘル・コレアが押し込んだが、M・ジョレンテのハンドが取られる。これは明確な判定だったが、疑わしきは12分後に訪れた場面だ。モラタが巧みに最終ラインを抜け出し、ループシュートでネットを揺らしたが、こちらはオフサイドに。判断材料となった映像では、ひじが少し出ていた程度の微妙な判定だった。

アトレティコはその後、トリッピアーが目まいを起こしたためにアリアスを投入。前半をスコアレスで終える。なお2019-20シーズンのラ・リーガで、VARによって1試合で2回ゴールが取り消されたのは、アトレティコが初めてとなった。

後半、アトレティコはベティスの攻勢に苦しむことに。シメオネ監督は55分にサウール、M・ジョレンテ、モラタを下げてジエゴ・コスタ、ビトロ、カラスコを投入する。しかしその直後、エルモーソが後方からのロレンにタックルを仕掛けて、VAR介入の結果一発退場となり数的不利となった。一方のベティスは70分、ウィリアム・カルバーリョとの交代でホアキンをピッチに立たせる。38歳ホアキンはリーガ1部通算550試合出場でラウールと並びフィールドプレーヤーの最多出場選手となった(歴代1位はスビサレッタの622試合)。

VARに泣かされ続けるアトレティコは74分、カラスコのFKからD・コスタがヘディングシュートでネットを揺らす。が、もれることなくこちらもVARの対象に……。D・コスタが頭で叩いがボールが手にも当たっていた疑惑があったとのことだが、これは3度目の正直と言うべきか、ついにゴールとして認められた。D・コスタはラ・リーガ再開後3得点2アシストと、ようやく不調から抜け出した感がある。

数的不利ながら先制に成功したアトレティコは、その後ベティスの猛攻に遭ったものの、自慢の堅守でもって最後までリードを守り切った。連勝の3位アトレティコは勝ち点を63として、残り2節で5位ビジャレアルに暫定で勝ち点9差をつけたために4位以内が確定。ラ・リーガの残り2節では、CLにストレートインできる3位の座を、暫定で勝ち点3差をつけている4位セビージャと争うことになる。