福島で雷雨の後に鮮やかなダブルレインボー

2020/07/11 19:01 ウェザーニュース

今日11日(土)は東海や北陸、東北南部などで局地的に激しい雷雨となっています。活発な雨雲が通過した福島市や伊達市では、ダブルレインボーが現れました。

太陽光が水滴で2回の反射

福島市では17時前から雨が降り出し、一時的に土砂降りとなりました。雨雲が抜けた後は西から日が差して、鮮やかなダブルレインボーが見られています。二重の虹の内側は主虹、外側は副虹と呼ばれます。太陽の光が水滴の中で1回反射して現れるのが主虹で、副虹は2回反射して現れます。そのため、主虹に比べて副虹は薄く、はっきりと見えないケースもあるのです。今回は発達した雨雲の通過後で、比較的大きな水滴がそろっていたため、光がしっかりと2回反射し、副虹もはっきり見えたと考えられます。

夜遅くにかけて雷雨に注意

同じ福島県内でもそのほかのエリアは依然として発達した雨雲が通過中です。今夜遅くにかけて雷を伴った雨が降り、局地的には激しい雨となって、道路冠水や落雷などのおそれがありますので、十分に注意をしてください。

参考資料など

写真:ウェザーリポート(ウェザーニュースアプリからの投稿)