キーン、スパーズに辛辣な批評「常に失望させる。これはトッテナムのDNA」「9位が相応しい」

写真拡大

元アイルランド代表MFロイ・キーン氏が、トッテナムに対して辛辣なコメントを残した。『talkSPORT』が伝えている。

トッテナムは、9日に行われたプレミアリーグ第34節でボーンマスと対戦。しかし、降格圏に位置するボーンマスを相手に枠内シュート0本に終わり、ゴールレスドローに。昨シーズンのチャンピオンズリーグファイナリストは、リーグ戦が残り4試合となった現時点で9位と不本意なシーズンを送っている。

現役時代にマンチェスター・ユナイテッドの主将を務め、7度のプレミアリーグ優勝を経験したロイ・キーン氏は、イギリス『スカイスポーツ』でトッテナムに対して以下のように厳しい意見を並べた。

「彼ら(トッテナム)は酷かった。ボーンマスのほうがファイトしていたね。(1-3で敗れた前々節の)シェフィールド戦でも全然ファイトできていなかった」

「彼らは常に失望させる。これはもうトッテナムのDNAだ。順位表は嘘をつかない。9位、彼らに相応しい場所だ」

またロイ・キーン氏は、トッテナムが戦力面でも他のライバルクラブに大きく劣っていることを示唆している。

「監督は時として冷酷にならなければならない。彼(ジョゼ・モウリーニョ)は、トッテナムには4人か5人ほどワールドクラスの選手がいるというようなことを言っていた。だが、彼らにはいない。平均的なチームだ。ハリー・ケインがいなくなれば、大きなトラブルに見舞われる」

12日に行われる次節では、8位アーセナルとホームで対戦するトッテナム。勝ち点1差で迎えるノースロンドン・ダービーで、奮起した姿を見せることができるだろうか。