ドン引き……!不倫カップルのラブラブLINE

写真拡大

ほとんどの不倫カップルは、一般的な恋人よりも会える時間が少ないため、濃厚なLINEで愛を育む傾向があります。家でスマホを触れない既婚男性はLINEする時間も限られているので相当内容の濃いやり取りをしていることも……。
今回は、不倫カップルのドン引きラブラブLINEを、覗き見してみましょう。

目次

デートの感想を生々しく言い合う

「お疲れ様です。今日はありがとうございました」から始まり、ホテルでのラブラブセックスの感想をお互い生々しく言い合うLINEが、不倫カップルの特徴。
「〇〇さん、激しくてかたくてすごく良かった」「〇〇ちゃんこそ、すごく綺麗で締まりも良くて良かった。嫁とは全然違うよ」「うれしーい!」「大好き!」「俺も愛しているよ」など、ハートマーク飛び交いまくりのエロトーク全開。
不倫カップルは時間は長く一緒に居られないし、セックスでの愛の育みがメインとなるので、LINEでのデートやセックスの感想が濃厚になる傾向があります。

次の約束をウキウキと交わす

「次はいつ、会える?早く会いたいな」「俺も、早く会いたくてウズウズしてるよ」「この日なら奥さん帰り遅いから会えるよ。」のような感じで、次の約束で浮かれるウキウキラブラブLINE。不倫の罪悪感の欠片も無いですね。
いやいや、ラブラブと次の約束してる場合じゃないでしょう。と冷静にツッコミを入れたくなりますね。

妄想リモートセックス

「〇〇ちゃんの〇〇ずぶ濡れだよ〜」「ココさわってみて〜」「次はあんなことやこんなことしたいな」と、大胆にもLINEで繰り広げられる妄想リモートセックス。
会える時間が限られているけれど、性欲は抑えられないので、LINEでリモートセックスをしているのですね。
お互い、局部を露出したエッチな写真を送り合う、という不倫カップルも多いようです……なんなら、せめて風俗に行って欲しいくらいですね。
こんなやり取りが誰かにバレたら一生の恥です。

ありもしない未来妄想

「いつか離婚したら〇〇と幸せに暮らして……」「いつかあなたと一緒になれたら奥さんみたいに寂しがらせたりしないからね」といった、大体が実現しないような未来予想図LINE。
そもそも離婚してまで本気の決意で不倫するような器の男性ってほとんどいないですよね。不倫相手への責任まではとってやれない、が本音なのに、LINEでは軽々しく未来のことを、口にできる神経は、理解に苦しみますね……。疑似恋愛を楽しんでいるつもりなんでしょうか。

中には不倫相手とはLINEはしない派の人も

濃厚なLINEで、ドン引いてしまいましたが、実は不倫とは普段連絡は取らない、という主義の人も一定数います。不倫バレする大体のきっかけがスマホのLINEトーク履歴によるものなので、こんなに濃厚なLINEを見られてしまったら言い逃れも出来ません。
なかなか会えないうえにLINEもしないなんて寂しいですが、一貫してLINEはしない、という判断は不倫の中ではせめてもの賢明な判断かもしれませんね。
(mashu/ライター)