アナリストのミンチー・クオ氏が業界筋から得た情報として、Appleシリコンを搭載したMacBookに関し、2020年第4四半期(10月〜12月)に新型13.3インチMacBook Proが発表、その後順次、新型MacBook Air、デザイン変更の伴う新型14インチおよび16インチMacBook Proが発表されるだろうとの予想を伝えています。

筐体サプライヤー筋からの情報か


 
クオ氏は、Appleシリコンを搭載し、デザインも変更される見通しの新型14インチおよび16インチMacBook Pro発表による出荷台数の増加予測から、筐体を供給しているサプライヤーが、その恩恵を最も受けるだろうと伝えています。
 
クオ氏の予想する、Appleシリコンを搭載したMacBookの発表予想時期は以下の通りです。
 

モデル名発表予想時期13.3インチMacBook Pro2020年第4四半期(10月〜12月)MacBook Air2020年第4四半期(10月〜12月)か
2021年第1四半期(1月〜3月)14インチMacBook Pro2021年第2四半期(4月〜6月)か
2021年第3四半期(7月〜9月)16インチMacBook Pro2021年第2四半期(4月〜6月)か
2021年第3四半期(7月〜9月)

 
著名YouTuberにも採用される美しいレンダリング画像を作成・公開しているNorth’s Globe TC氏は、「新型14インチおよび16インチMacBook Proは、新デザインで登場するのではないか。Face IDの搭載も考えられる」と、2020年5月に自身の予想を伝えていました。
 
新型14インチおよび16インチMacBook Proに関してWccftechは、「現行モデルよりも薄く、軽くなる可能性がある。バッテリー寿命も長くなるだろう」と記しています。

一部モデルを戦略的な価格設定で発売か

クオ氏は、Appleシリコンを搭載した新型MacBook Airが現在よりも安い価格で発売され、14インチおよび16インチモデルが現行MacBook Proよりも優れた製品となれば、2021年のMacBookの出荷台数は2020年と比べ、1,800万台〜2,000万台に増加すると予想しています。

 
 
Source:AppleInsider, Wccftech, MacRumors
Photo:North’s Globe TC/Twitter
(FT729)