ケインはPK、ブルーノは自身の反則…元PLレフェリーがVARのミス認める

写真拡大

プレミアリーグの元レフェリーは、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)にミスがあったと主張した。

9日に行われたプレミアリーグ第34節アストン・ヴィラ対マンチェスター・ユナイテッド、エヴァートン対サウサンプトン、ボーンマス対トッテナムのいずれの試合でもPKの判定を巡ってVARが介入。マンチェスター・U、サウサンプトンにはPKが与えられ、トッテナムはハリー・ケインへの反則を流されていた。しかし、いずれのプレーも判定にミスがあったと元レフェリーのダーモット・ギャラガー氏はイギリス『スカイスポーツ』で考えを示した。

ボーンマス対トッテナムの開始早々にジョシュア・キングがケインを倒すも、PKが与えられなかった場面について、ギャラガー氏は「彼は背中を押され、踵を刈られていた。ペナルティだと思う」と主張し、VARのレビューに誤りがあったことを認めた。

この判定について、ジョゼ・モウリーニョ監督は試合後に「この件についてこれ以上話したくはないし、話す必要はない。あれはペナルティだとこの世界の全員がわかっている。マン・オブ・ザ・マッチは選手ではない」と不満を爆発。『BBC』で解説を務めるディオン・ダブリン氏も「ハリーはヘッドに行こうとしていて、そしてファウルを受けた。明らかなペナルティだ」と指揮官の考えに同調した。

さらに、アストン・ヴィラのエズリ・コンサとの競り合いの中で、マンチェスター・Uのブルーノ・フェルナンデスが得たPKについてもギャラガー氏は、ジョン・モス主審の判定への理解を示したものの「彼自身(フェルナンデス)のファウルだった。ペナルティが与えられるべきではなかった」と主張する。

アストン・ヴィラのディーン・スミス監督は、先制点につながったこの判定について「恥ずべき判定」と一蹴。続けて「ジョンがミスするのは理解できるが、VARが何を見ていたのか理解できない。フェルナンデスはドラッグバックを試みて、最初はボールに触れていたが、2回目はエズリのすねだった」と憤慨した。

一方のオーレ・グンナー・スールシャール監督は、敵将の考えに同調せず「ペナルティだった。フェルナンデスはジダンやマラドーナのようなファンタスティックなターンを決めた」と反論していた。