ジャイル・ボルソナロ大統領の顔をした新型コロナウイルスに消毒液を噴きかける防護服を着た人物の絵が描かれた屋外の壁の前をバイクで通る男性。ブラジル・リオデジャネイロで(2020年7月8日撮影)。(c)Mauro Pimentel / AFP

写真拡大

【AFP=時事】ブラジル保健省は10日、新型コロナウイルスによる同国の死者が7万人を超えたと発表した。

 ブラジルでは、過去24時間に新型コロナウイルス感染者が約4万5000人、同ウイルスによる死者は約1200人増え、累計で感染者は約180万人、死者は約7万400人になった。特に死者が多いのはサンパウロ(Sao Paulo)州(約1万7400人)とリオデジャネイロ(Rio de Janeiro)州(約1万1200人)。

 同国の死者は過去35日間で2倍に増えたが、1日当たりの死者数は安定する兆しを見せている。

 人口約2億1200万人のブラジルは、米国に次いで世界で2番目に新型コロナウイルスの被害が大きいが、住民100万人当たりの死者は335人で、米国(403人)やスペイン(607人)より少ない。

 ジャイル・ボルソナロ(Jair Bolsonaro)大統領が率いる政府は、新型コロナウイルス対応で統一されたメッセージを出せずにおり、各州知事が対応を主導している。

【翻訳編集】AFPBB News

■関連記事
ブラジル大統領「体調すこぶる良い」 抗マラリア薬を再び推奨
米中関係、コロナで「ひどく損なわれた」 トランプ氏
アマゾンの森林破壊面積、前年比25%増 1〜6月で過去最大